ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月24日 / ページ番号:C032359

平成25年11月29日放送分 ネットショッピングを上手に使って、楽しい買い物を

このページを印刷する

FM浦和で平成25年11月29日に放送した原稿です。

ネットショッピングを上手に使って、楽しい買い物を 

Q  来月はもう12月。いよいよ年末が近づいてきました。
年末年始はクリスマスや新春セールなどがあり、買い物をする機会が増えてくる時期ですね。
買い物をすることは楽しいことですが、注意していただきたいこともあるようです。本日は買い物の中でも、特にインターネットでの買い物について、消費生活総合センターに伺いたいと思います。 

A  はい。インターネットでの買い物・ネットショッピングは、家にいながらたくさんの商品を選ぶことができ、海外のものなども簡単に購入することもできる、とても便利なものです。しかし、便利な反面、ネットショッピングのトラブルも多く寄せられています。

Q  どのようなトラブルがあるのですか?

A  「注文したものと違うものが届いた。」「自分がイメージしていたものと違うので返品したい。」というトラブルがあります。

Q  店で買うのとは違い、手元で確認できないので、そういったこともありがちですね。

A  はい。また、最近多いのは「商品を注文し、代金を振込んだが、商品が届かずサイトも無くなってしまった。」「ブランド品を注文したが、偽物が送られてきた。返金を求めているが返信が無い。」など商品が届かなかったり、偽物が送られてきたというトラブルです。サイトや相手方と連絡がとれなくなってしまうと、支払ったお金を取り戻すことは難しくなってしまいます。

Q  そうなんですね。楽しみにしていたものが、届かなかったり、偽物が送られてくるとはひどいですね。
それではそんなトラブルを避けるために、ネットショッピングをする時の注意点を教えていただけますか。 

A  はい。

  • ショップの住所や担当者名、電話番号、メールアドレスなどを確認し、表示に疑問がある場合は取引をしないようにする。
  • ショップのURLやアドレスは念のためプリントアウトなどをして保存しておく。
  • 支払方法について、口座振り込みだけでなく、カード支払、代金引換など複数用意されているショップを選ぶようにする。
  • 返品条件を必ず確認する。「気に入らなかった」「色が思っていたのとは違う」などの理由でも返品できるかを確認する。
  • 出店しているショッピングサイトや、ネットの評判を参考にする。
  • 注文した内容、業者からのメールや確認画面を保存しておく。
  • 商品が届いたら、すぐ中身をチェックする。注文と違ったり、壊れていた場合、すぐにショップに連絡する。

など、トラブルに遭いづらくするための方法があります。
ネットショッピングは、クーリングオフ制度は適用されませんが、サイトに返品に関する記載がない場合、商品到着後8日以内であれば、送料は自己負担で返品できます。
そういったことを理解して利用しましょう。 

Q  はい。ネットショッピングは上手に利用して、楽しく買い物をしたいですね。
もし、注意してもトラブルにあってしまった場合、相談するところを教えてください。 

A  はい、相談はさいたま市内の3つの消費生活センターで受け付けています。
大宮駅西口、JACK大宮ビル6階に総合センター、浦和駅東口、パルコビル・コムナーレ9階に浦和センター、岩槻区役所内に岩槻センターがあります。
大宮と浦和の2センターは午前9時から午後4時30分まで、岩槻センターは、午前9時から12時までと午後1時から午後4時30分まで相談を受付けています。 

Q  いざと言うとき、こまったなぁと言うときには、1人で悩まず直ぐに相談をすることですね。どうもありがとうございました。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/消費生活総合センター 
電話番号:048-643-2239 ファックス:048-643-2247

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る