ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年1月22日 / ページ番号:C033622

平成25年12月27日放送分 ~関東甲信越ブロック悪質商法被害防止共同キャンペーンについて~

このページを印刷する

FM浦和で平成25年12月27日に放送した原稿です。

~関東甲信越ブロック悪質商法被害防止共同キャンペーンについて~ 

Q  今日は、さいたま市消費生活総合センターから、消費者トラブルについてのお話を伺いたいと思います。

A  はい。さいたま市消費生活総合センターでは、若者の消費者被害を未然に防止するために、関東甲信越の1都9県6政令指定都市と国民生活センターが共同で「関東甲信越ブロック悪質商法被害防止キャンペーン」を、1月~3月に実施します。

Q  どのようなキャンペーンを行うのでしょうか。

A  「かもかも」というキャラクターを使ったキャンペーンで、リーフレットとポスターを共同で作成し、中学、高校、大学、専門学校、などの学校に配布をして若者に注意を呼びかけます。

Q  リーフレットやポスターを配布するのですね。若者が被害に遭いやすい消費者トラブルはどういったものがあるのですか?

A  代表的なもので架空請求、マルチ商法、キャッチセールスなどのトラブルがあげられます。

Q  聞いたことがあるトラブルもありますね。それぞれ教えて頂きたいと思います。まずは架空請求について教えてもらえますか?

A  はい。架空請求とはパソコンや携帯電話、スマートフォンで、アダルトサイト、または迷惑メールなどをクリックすると、利用料金や規約が明示されていなかったのに『契約完了』『料金請求』などと表示され高額な料金が請求されるものです。なかには、連絡がなければ法的措置を取ります、最終通告ですといったおどし文句で連絡させようとして、慌てて連絡すると、高額な料金をしつこく請求してきたりします。

Q  それは怖いですね。

A  はい。対処法としては、登録した覚えのないサイトからの請求は無視すること、迷惑メールがきても無視するようにしてください。また、迷惑メールの場合は受信拒否設定をしてください。決して請求先に連絡などしないようにしてください。

Q  なるほど。無視をするのが一番なのですね。次にマルチ商法について教えてください。

A  マルチ商法は、友人などに誘われて販売組織に入会した人が、さらに別の人を加入させると利益が得られる仕組みの商法です。勧誘時には『必ずもうかる』などと言われても入会時の説明と違い、実際は一人も加入させられず、商品を購入するためだけの借金が残るだけの場合が多いです。投資や起業で成功した人の話を聞かせて関連する教育ソフトやDVDを高額で購入させる場合もあります。最近ではSNSなどから誘われるケースも多いです。『絶対にもうかる」という勧誘には乗らないようにすること、仕組みを理解できないものは契約しないこと、です。トラブルに巻き込まれると、借金がどんどん増えていったり、他の人を勧誘するときに人間関係が悪くなったりしますので、最初にはっきりと断ることが重要です。

Q  人間関係が悪くなるのも怖いですね。しっかりと断ることが大切ですね。では最後に、キャッチセールスについて教えてもらえますか。

A  はい。キャッチセールスとは、街中でネイルやエステの『無料体験』、『アンケート調査』などと称して呼び止めて、事務所などにつれて行き勧誘をし、不安をあおり帰れない状況にして商品やサービスを契約させようとするトラブルです。無料体験等のあまい話にのってしまい事務所などに連れて行かれると断りづらい状況になってしまうので、安易について行かず、おかしいなと思ったら、はっきりと断りましょう。また、安易に個人情報も伝えないようにしてください。

Q  甘い誘いにはウラがあるということですね。もし、本日聞いた話のようなトラブルに巻き込まれたら、どちらに相談すればよいでしょうか?相談の受付け先を教えてください。

A  はい、相談はさいたま市内の3つの消費生活センターで受け付けます。大宮駅西口、JACK大宮ビル6階に総合センター、浦和駅東口、パルコビル・コムナーレ9階に浦和センター、岩槻区役所内に岩槻センターがあります。大宮と浦和の2センターは午前9時から午後4時30分まで、岩槻センターは、午前9時から12時までと午後1時から午後4時30分まで相談を受付けます。

Q  年末年始のスケジュールも教えてください。

A  総合センターと浦和センターは12月28日、1月4日の土曜日も相談を受け付けています。又、1月5日、日曜日は電話相談を午前9時から午後4時まで受け付けています。相談電話番号は048-645-3421です。

Q  いざと言うとき、こまったなぁと言うときには、1人で悩まず直ぐに相談をすることですね。どうもありがとうございました。

A  ありがとうございました。

 

 

 

 

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/消費生活総合センター 
電話番号:048-643-2239 ファックス:048-643-2247

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る