ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年2月18日 / ページ番号:C034061

平成26年1月31日放送分 ~スマートフォンのトラブルについて~

このページを印刷する

FM浦和で平成26年1月31日に放送した原稿です。

スマートフォンのトラブルについて

Q  今日は、さいたま市消費生活総合センターから、スマートフォンについてのお話を伺いたいと思います。

A  はい。近年スマートフォンは急速に普及しており、総務省の調査によると、平成24年、スマートフォンの世帯保有率は約半数にまで増えているそうです。 

Q  街中でもスマートフォンを持っている人が増えましたよね。このスマホでは、どんなトラブルが多いんですか?

A  はい。スマートフォンでは、ゲームやSNSなど、たくさんのアプリの中から好きなアプリを選んで入れることができますが、中には、ダウンロードする際に個人情報を抜き取り、外部に転送する不正なアプリもあります。

Q  個人情報が抜き取られてしまうんですか。それはどうしたら防げるんですか?

A  スマートフォンでアプリをダウンロードする際に表示される「アクセス許可」の画面をよく確認することです。利用者情報へのアクセスについて「同意」を求められますが、「同意」をすると、利用者は、アプリの提供者に個人情報を収集されます。アプリの内容に無関係な、メールや位置情報、端末情報まで説明なく「同意」を求めるものは問題と考えた方がよいでしょう。

Q  アプリのダウンロードの際に気を付けるということですね。SNSや無料通話アプリでの注意点も教えてください。

A  はい。出会い系サイトなどの業者が、コミュニティサイトや無料通話アプリの友達申請を使って言葉巧みに有料の出会い系サイトに誘導する手口が広まっています。知らない人からのメッセージは無視し、メッセージが来ないようにブロックしましょう。また、自分のプロフィールや発信した情報、写真の投稿の際に、個人を特定できる情報が不特定多数の人に見られる状況になっていないか気を付けましょう。たとえば、携帯電話やデジタルカメラにGPS機能がついている場合、撮影した場所の位置情報を写真に付けたまま、ネット上に公開してしまうことがあります。

Q  自宅や会社、学校の位置が特定されてしまうかもしれませんね。

A  はい。犯罪に巻き込まれることもあるので、設定をよく確認しましょう。他にも、オンラインゲームについてのトラブルも多く寄せられています。オンラインゲームの多くは無料で遊べますが、アイテムやポイントを購入するのにお金が必要です。子どもが親のクレジットカードの番号を勝手に打ち込んでアイテムを購入してしまい、後から高額の請求がくる、という相談が増えています。クレジットカードの情報が端末に登録されていて、簡単に子供が購入できる状態になっていることもあります。ゲームについては親子でよく話し合い、トラブルを未然に防ぎましょう。

Q  スマートフォンでは、ウイルスに感染するおそれもあると聞きましたが、どうですか?

A  はい。スマートフォンでは、パソコンと同様にインターネットにつながり、様々なアプリのインストールをするので、ウイルス感染やフィッシング詐欺などの危険があります。セキュリティ対策にはパソコンと同様にウイルス対策のアプリが必要です。

Q  わかりました。トラブルに巻き込まれたら、どこに相談すればよいでしょうか?

A  はい、相談はさいたま市内の3つの消費生活センターで受け付けます。大宮駅西口、JACK大宮ビル6階に総合センター、浦和駅東口、パルコビル・コムナーレ9階に浦和センター、岩槻区役所内に岩槻センターがあります。大宮と浦和の2センターは午前9時から午後4時30分まで、岩槻センターは、午前9時から12時までと午後1時から午後4時30分まで相談を受付けます。

Q  いざと言うとき、こまったなぁと言うときには、1人で悩まず直ぐに相談をすることですね。どうもありがとうございました。

A  ありがとうございました。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/消費生活総合センター 
電話番号:048-643-2239 ファックス:048-643-2247

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る