ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年3月6日 / ページ番号:C034545

平成26年2月28日放送分 ~注意したいクレジットカードの利用について~

このページを印刷する

FM浦和で平成26年2月28日に放送した原稿です。

注意したいクレジットカードの利用について

Q  今日は、さいたま市浦和消費生活センターから、「注意したいクレジットカードの利用について」のテーマでお話していただきたいと思います。リスナーの皆さんは、気に入った商品を買うときに、どのような方法で支払いされますか?現金での支払いが多いと思いますが、クレジットカードを使う方も増えているのではないでしょうか。クレジットカードは便利ですが、どのようなトラブルがあるのか消費者センターの方から詳しい話を伺います。

A  はい、よろしくお願いいたします。最近は、クレジットカードを利用して支払う方が増えているので、トラブル相談も多くあります。クレジットカードの管理をしっかり行わないと後日、身に覚えがない支払請求がきたり、利用金額が多くて支払ができなくなって困ってしまうこともありますので、注意して使うようにして下さい。

Q  私も日用品の購入や家族で食事をしたときに利用したりします。手持ちの現金が必要ないので、クレジットカードを手軽に利用する人が増えているんですね。また、クレジットカードを利用するとポイントが貯まるなど、消費者にとってはお得な面もあると思うのですが、利用時に注意すべきことはなんでしょうか。

A  はい。今のお話のように便利で得する面もあり、クレジットカードを所有することで、本人の信用性が高まることにもなりますが。クレジットカードを利用して買い物をすれば必ず支払が伴いますので、クレジットカード利用明細書にサインするときには金額などを確認し、利用明細の控えは最低でも引き落としがかかるまでは保管しておきましょう。

Q  そうですね。私たちが現金で買い物する場合も支払額やお釣りやレシートの金額を確認することと同じことですね。

A  はい。

Q  クレジットカード利用時にいくつか支払い方法を選べますが、どのような違いがあるのですか。

A  はい。支払方法としては、皆さんが良く利用されている翌月1回払い、他にはリボルビング払い、ボーナス払いなどがあります。翌月1回払い以外は手数料などが係る場合があります。リボルビング払いは、月々の支払いを一定額に抑えられる分、支払い期間が長期化し手数料かさんでしまうことがあります。

Q  そうなんですね。リボルビング払いはポイントが多く付与されたりとメリットが大きく言われていますが、デメリットもしっかり理解したうえで、計画的に利用する必要がありますね。

A  はい。最近は、インターネットで簡単に新規に申し込みができるカードが多くなり、大変便利になっていますが、中には、支払い方法が初期設定でリボルビング払いになっている場合がありますので、自分で意識して規約を確認するようにしてください。

Q  知りませんでした。クレジットカードを新しく申し込んだ時には、規約をしっかり確認することが大切ですね。

A  はい。

Q  最近、友人から、自分が使った覚えのないクレジットカードの請求を受けたと相談されたのですが。どうしたらよいのでしょうか。 

A  はい。もし不正利用され被害にあってしまった時には、すぐにクレジットカード発行会社に連絡し、警察に届け出てください。カード会社の調査で被害回復されることもありますが、場合によってはカードの管理責任を問われて、自分が使っていなくても代金の請求を受けることもあるのでカードの管理には注意してください。また、クレジットカードは発行会社との約束でカード会員の所有者しか使えませんので、不正利用を防ぐためにもカードが発行されましたら、すぐに署名してください。カード番号を他人に教えたり、カードを友人に貸したりすることは絶対にしないでください。

Q  皆さん、クレジットカードは便利な反面、思いもよらないトラブルの原因になる可能性があるので十分注意して利用しましょう。最後に、クレジット契約トラブルに合った、身に覚えのない請求がきた場合などは、何処相談すればよいのですか。

A  はい。さいたま市では、3ヶ所の消費生活センターがあります。受付時間は、大宮駅西口・JACK大宮ビル6階・消費生活総合センター、浦和駅東口・コムナーレ9階・浦和消費生活センターの2ヶ所は、午前9時から午後4時30分まで、もう1ケ所の岩槻区役所内の岩槻消費生活センターは、受付時間が午前9時から12時、午後1時から4時30分までとなっております。ご家族やご友人に事業者との契約で困っていたり、悩んでいる方がおりましたら、お近くの消費生活センターへご相談ください。電話でも直接いらしていただいても相談を受けられますので、お気軽にご利用いただければと思います。

Q  わかりました。いざと言うとき、こまったなぁと言うときには、1人で悩まず直ぐに相談をすることですね。どうもありがとうございました。今日は、さいたま市浦和消費生活センターから、「クレジットカードの注意点について」お伺いしました。ありがとうございました。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/消費生活総合センター 
電話番号:048-643-2239 ファックス:048-643-2247

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る