ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年6月24日 / ページ番号:C036687

平成26年6月12日放送分 ~ワンクリック詐欺って何ですか?~

このページを印刷する

FM浦和で平成26年6月12日に放送した原稿です。

ワンクリック詐欺って何ですか?  

 Q  今日は、さいたま市浦和消費生活センターから、「ワンクリック詐欺って何ですか?」について、お話を伺いたいと思います。よろしくお願いします。

 A  はい、よろしくお願いします。

 Q  今回のテーマであります、「ワンクリック詐欺」とは、いったいどういうものなのでしょうか?

 A  はい、皆さんは、よくスマートフォンやパソコンで、調べ物をしたり、興味のあるサイトを検索したりすると思いますが、そういったときに、料金や利用規約などについて明確な説明がなかったり、事実と異なる説明によって、クリックを促し、そのリンク先で突然「契約が完了したので何万円お支払いください」などという内容を表示し、不当な金銭を請求するというものなんです。

Q  突然そんな請求画面に変わってしまったら、どうしたらいいか悩んでしまいますね。でも、その文面の中に、解約とか退会についてなどは書かれていないのですか?

A  そうですね、「退会する場合はこちらから」とか「誤登録、間違って登録した場合はこちらから」というように、そこをクリックするように書かれていたり、「お電話ください。」と書かれている場合もあります。ですが、これが落とし穴で、この先に進んでしまうと、「解約料何万円払わないと解約できない」という画面になったり、電話をしてしまうと名前や電話番号などの個人情報を教える羽目になってしまったりします。

Q  個人情報が行ってしまうと、今後どのようなことになっていってしまうのでしょうか?

A  はい、そうなると、今度はメールはもちろん、電話やハガキなどあらゆる手段で、お金を払え払えとしつこく言って来たり、払わなければ法的措置を取らせてもらうなどの脅し文句を言われることもあります。ですので、絶対に、電話をかけたり、請求画面から先の画面へは進まないようにしてください。そもそも、利用規約や料金に合意して利用したわけではなく、最初から契約しているとは言えませんから、解約する必要など、まったくないわけです。

Q  そういえばそうですよね。契約していないのに解約や退会というのもおかしいですよね。では、このような時はどのように対処したらいいでしょうか?

A  実は、これは何もしないのが一番いいんです。このような請求画面がでても、無視をしてください。取り合わないことが一番の得策です。一度払ってしまったお金は戻ってくる可能性はほぼありませんので、絶対に払わないようにしてください。もし、その後、請求メールが何度も何度も来るようでしたら、アドレスを変更してしまうのもいいと思います。それでも心配だったり、不安なことがありましたら、消費生活センターには専門の相談員がおりますので、ご相談いただければと思います。

Q  わかりました。お金は振り込まず、何もせずに無視をするのが一番ということですね。では最後に、さいたま市の消費生活センターのご案内をお願いします。

A  はい。さいたま市には、消費生活センターは3か所ございます。消費生活総合センターが、大宮駅西口・JACK大宮ビル6階、浦和消費生活センターが、浦和駅東口・コムナーレ9階にありまして、この2か所の受付時間が午前9時から午後4時30分までになります。もう1か所が、岩槻駅東口駅前の、岩槻市役所内・ワッツ東館3階にあります。ここの受付時間は、午前9時から12時・午後1時から4時30分です。直接センターにお越しいただいても、お電話でも、ご相談をお受けしますので、少しでも不安がある方は、まず、お近くのセンターへご相談ください。

Q  はい、ありがとうございました。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/消費生活総合センター 
電話番号:048-643-2239 ファックス:048-643-2247

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る