ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年9月19日 / ページ番号:C038107

平成26年9月11日放送分 ~高齢者の消費者トラブル~

このページを印刷する

FM浦和で平成26年9月11日に放送した原稿です。

~高齢者の消費者トラブル~

  

Q  今日は、さいたま市岩槻消費生活センターから「高齢者の消費者トラブル」について、お話を伺いたいと思います。よろしくお願いします。

A  はい、よろしくお願いします。

Q  敬老の日も近いですが、今回のテーマであります、「高齢者の消費者トラブル」っていろいろあるんですか?どのようなトラブルにあっているのでしょうか。

A  はい。点検商法、送り付け商法、SF商法、利殖商法… と高齢者をねらった悪質商法が結構、いろいろあるんですよ。また、高齢の方は日中家にいることも多いので、電話勧誘や訪問販売などでトラブルにあうことも多いですね。今日は、その中から特に多い、電話勧誘による「利殖商法」でのリスクの高い投資などの勧誘と一度被害にあった方の二次被害についてご紹介します。

Q  はい。「投資などの勧誘」と二次被害の例ですね。教えてください。今は、高齢者も元気な方も多く、株や投資で年金を増やそうと考える人も多いのでしょうね。

A  ええ。 老後の生活資金を少しでも増やしたいという心理を逆手にとって、「1年で2倍になる」「必ず値上がりする」と近づいて「先物取引」や「未公開株」などの取引を持ちかける悪質業者もいて、トラブルになっているんですよ。まずは電話がかかってきて「値上がりするのは確実」「元本保証・安全有利」「高配当が得られる」「必ずもうかる」などと、投資や出資を勧誘するんです。

Q  「経済的な不安」で高齢者がねらわれるのですね。具体的にはどのようなトラブルなのですか。それからトラブルに遭わないためには、どうすればいいんですか?

A  新しい手口、たとえばシェールガスの採掘権、老人ホーム入居権、ダイヤモンド購入、オリンピック関連企業への投資など、近頃の話題に便乗した「もうけ話」が次々でてきています。また、「代わりに買ってくれたら高値で買い取る」などと持ちかけてくる買え買え詐欺には特に注意が必要です。「劇場型」とも言われていますが、パンフレットが送られてきて、何社からも電話がかかってきて、本当にそのような権利が存在するのかはっきりしないのに、その気になって何百万、と投資してしまうのですね。こうした勧誘の電話がかかってきたら、相手にせずにすぐに電話を切ってください。うまい話を簡単に信用せずに、よく考えて対応しましょう。

Q  時流にのって、新聞やTV等で話題になっていることに便乗した投資話を持ち掛けてくるのですね。うまいもうけ話はないということで、きっぱりと断ることが大切ですね。

A  はい、また一度被害にあうと、その名簿が悪質業者に出回ってしまい、被害を回復してあげますといって、悪質業者が国の機関や被害回復センター等それらしい名前をかたって電話をかけてきたりします。被害を回復すると言って手数料をとられたり、さらに投資を勧められたりして、二次被害となってしまいます。

Q  悪質業者に個人情報の名簿が流出しているということですね。電話ですと、しつこくされたり、ひとりで暮らしていて断るのが自分では難しかったり、断り方がわからない、どうもだまされたようだが、家族に相談できない場合、どうしたらいいでしょう? 

A  消費者トラブルは、早い段階での気づきが大切で、被害を未然に防げる事例が多くあります。消費生活センターには専門の相談員がおりますので、電話でも来所でも、いずれでもご相談いただけます。対処法をお教えできます。

Q  わかりました。ご本人や家族では、どう解決していいのか迷われたら、ご相談に乗っていただけるのですね?では、最後に、さいたま市の消費生活センターのご案内をお願いします。

A  はい。 さいたま市には、消費生活センターは3か所ございます。消費生活総合センターが、大宮駅西口・JACK大宮ビル6階。浦和消費生活センターが、浦和駅東口・コムナーレ9階にありまして、この2か所の受付時間が 午前9時から午後4時30分までになります。もう1か所が、岩槻駅東口駅前の、岩槻区役所内 ワッツ東館3階にあります。ここの受付時間は、午前9時から12時、午後1時から4時30分です。少しでも不安がある方は、まず、お近くのセンターへご相談ください。なお、日曜日は、お電話でのご相談だけですが、消費生活総合センターで、午前9時~4時までお受けしておりますので、ご利用ください。

Q  はい、ありがとうございました。本日は、「高齢者の消費者トラブル」について、岩槻消費生活センターからお話をお伺いしました。 さいたま市には3か所のセンターがあり、専門の相談員がいらっしゃるということですね。何かありましたら、一人で悩まず、消費生活センターにご相談に行っていただきたいと思います。本日は、どうもありがとうございました。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/消費生活総合センター 
電話番号:048-643-2239 ファックス:048-643-2247

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る