ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年1月21日 / ページ番号:C043240

平成27年8月13日放送分 ~「シャッター音で不安をあおる新しい手口のワンクリック請求」について~

このページを印刷する

FM浦和で平成27年8月13日に放送した原稿です。

~「シャッター音で不安をあおる新しい手口のワンクリック請求」について~ 

 

Q  今日は、さいたま市岩槻消費生活センターから「シャッター音で不安をあおる、新しい手口のワンクリック請求」について、お話を伺いたいと思います。よろしくお願いします。

A  はい、よろしくお願いします。

Q  今回のテーマは、あまり耳にしない言葉ですが、その内容について教えていただけますか?

A  はい、まず始めに、皆さんは「ワンクリック請求」という言葉を聞いたことがありますか?ワンクリック請求というのは、アダルトサイトや出会い系サイトなどを閲覧しているうちに、利用料金や規約などについて、明確に説明がされないまま、クリックすると、即座に「契約完了」「料金請求」などと表示され、金銭を支払わせようとするものです。最近は、無料占いやゲーム、アニメなどのサイトを閲覧していたら、いつのまにか、アダルトサイトや出会い系サイトなどに接続してしまい、高額な請求を受けるといった事例もあり、男性ばかりでなく、女性や未成年者からの相談も増えています。今回お話しする新しい手口とは、スマートフォンで無料動画などを検索していると、年齢確認画面になり、それをタップすると、画面が動かなくなり、その後、「登録が完了しました」と表示され、いきなりシャッター音がするというものです。

Q  急に、カメラのシャッター音がすると、あたかも写真を撮られたように信じこまされて、一層不安をあおられますよね。

A  このようなワンクリック請求は、シャッター音で一層不安をあおり、「有料会員登録が完了」「料金を振り込んで」などと、高額の料金請求画面を表示し、誤認させて金銭をだまし取る新しい手口です。インターネット閲覧中にアダルトサイトに誘導され、18歳以上という年齢確認表示をタップしたら、「9万円の代金請求画面が出た」とか、「戻る」の表示をタップしたら、「規約に沿った請求をするとの表示が出た」とか、「退会希望の方はこちらへ」と誘導され、メールアドレスや電話番号を記入させられたなんてことは、ワンクリック請求の典型的な手口です。安易に「はい」「YES」「OK」「入場する」「ENTER」などクリックしないでください。また、請求画面などが張り付いたまま残ってしまっていたりしても、どうか、あわてずに、無視して、そのままにしておいてください。

Q  そのようなワンクリック請求には、あわてて、画面の指示通りに動いてしまうのはいけないんですね。

A  はい。決して、画面に表示された連絡先に電話をしたり、メール返信をしてはいけません。相手の業者にメールアドレスや電話番号を知られることになり、さらに追加請求の被害を受けることもあります。

Q  何もしていないのに、いきなり請求されるのは、ホント怖いですね~。でも、画面が消えなかったりすると、心配が募りますよね。 

A  スマートフォンに表示された請求画面などが消えない場合は、その対応方法をメーカーや購入店で教えてもらえますし、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)のホームページにも対応方法が公開されています。わからなければ、お住まい近くの消費生活センターでも、ご相談をお受けしています。

Q  わかりました。とにかく一人で悩まないことですね。では、最後に、さいたま市の消費生活センターのご案内をお願いします。 

A  はい。さいたま市には、消費生活センターが3か所ございます。大宮に「消費生活総合センター」があり、場所は、大宮駅西口のJACK大宮ビルの6階です。浦和には「浦和消費生活センター」があり、場所は、浦和駅東口のコムナーレの9階にあります。この2か所のセンターの受付時間は、月曜日~土曜日の、午前9時から午後4時30分までとなります。もう1か所は、岩槻駅東口駅前の、ワッツ東館3階の岩槻区役所の中に、「岩槻消費生活センター」があります。ここの受付時間は、月曜日~金曜日の、午前9時から12時、午後1時から4時30分までとなっています。ご相談は、直接センターにお越しいただいても結構ですし、お電話でも大丈夫です。消費生活に関するトラブルでお困りの方は、まずは、お近くのセンターへご相談ください。また、大宮の総合センターでは、日曜日にも午前9時から午後4時まで、お電話での相談を受け付けております。

Q  はい、ありがとうございました。本日は、「シャッター音で不安をあおる新しい手口のワンクリック請求」について、消費生活総合センターからお話をお伺いしました。さいたま市には3か所のセンターがあり、それぞれ相談員がいらっしゃるということなので、何かありましたら、一人で悩まず、消費生活センターに、ご相談に行っていただきたいと思います。本日は、どうもありがとうございました。

A  ありがとうございました。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/消費生活総合センター 
電話番号:048-643-2239 ファックス:048-643-2247

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る