ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2015年10月16日 / ページ番号:C044257

平成27年10月15日放送分 ~「第15回さいたま市消費生活展開催についてのお知らせ」~

このページを印刷する

FM浦和で平成27年10月15日に放送した原稿です。

~「第15回さいたま市消費生活展開催についてのお知らせ 」~ 

 

 

Q  「秋」は、一年の中でもさまざまなイベントが行われる季節ですので、お出かけになる機会も多くなることだと思います。そこで本日は、さいたま市消費生活総合センターから、第15回さいたま市消費生活展についてご紹介をいただきます。それではお願いします。

A  はい。第15回さいたま市消費生活展は、10月18日の日曜日、午前10時から午後4時まで、さいたま新都心駅自由通路で開催します。今年のテーマは「 あなたも わたしも みんな消費者 ~よく見て・よく聴いて、かしこく選択~ 」です。

Q  10月18日の日曜日ですね。「さいたま市消費生活展」とは、どのような催しになりますか?

A  はい。さいたま市消費生活展は、さいたま市内で活動している「消費者団体」の方々に日頃の活動・研究の成果を発表する場所として、また、「事業者団体」や行政機関の参加も得て、消費生活のさまざまな情報を広く市民の皆様に紹介し、消費生活に関しての啓発事業として行っているものです。

Q  そうですか。具体的に、どのようなことが行われる予定なのか、教えていただけますか?

A  はい。参加団体がそれぞれブースに分かれて消費生活に関する情報をパネルにして展示します。消費者に生活の中で活用して欲しい、理解して欲しい情報で、今回のテーマ「よく見て・よく聴いて、かしこく選択」身に付けたい情報を、楽しく、見たり聴いたり体験したりしながら学べるものとなっています。食の安全や、衣類のリサイクルや環境のことなど、役に立つ生活の知恵や工夫も満載の内容になっています。

Q  それぞれのブースの展示パネルは、私たちに身近な消費生活の話題や内容を提供していただけるということですね。

A  はい。また、今回初めて「フードドライブ」活動を行います。

Q  「フードドライブ」という活動はどんなことをするのですか?

A  はい。この活動は、ご家庭で余っている食品を持ち寄り、社会福祉団体等へ寄付をする活動なんです。

Q  家庭で使われずに眠っている食品って、結構ありますよね。我が家にも、お中元などのギフトやつい買いだめしてしまった食品ありますよ。つい「もったいない」からと眠ったままになっています。

A  そうなんです!「フードドライブ活動」は、その「もったいない」を「ありがとう」に変えるチャンスなんです!お持ちいただきたい食品は、缶詰や乾物、インスタント食品、お米、調味料などです。この時期ですとお中元などのギフトパックが喜ばれます。 

Q  なるほど!早速眠っている食品をさがしてみます。何か食品に条件はあるのでしょうか?

A  はい。やはり、受け取る人がいますので、いくつかあります。まず、未開封であること。賞味期限まで1カ月以上あるもの。ビン詰めでないもの。包装や容器を他のものに移し替えていないものです。

Q  わかりました。受け取り手のことを考えてですね。当日は、ステージイベントもあるんですよね。

A  はい。埼玉大学の学生による「アカペラ」の演奏、夢見亭わっぱ氏による落語の講演や現役消費生活相談員による寸劇があります。

Q  まさしく、テーマの「よく見て・よく聴いて、かしこく選択」ですね。

A  新しいイベントだけでなく、毎年好評をいただいています、景品ありのクイズラリーに、骨密度や血圧、血管年齢などのチェックと、心配なことなどの健康相談ができる健康チェックコーナーもあります。また年携帯電話やデジタルカメラなどの小型家電の回収を行います。

Q  使わなくなった古い「携帯電話」が家にたくさんあります。いろんな情報が入っているので、なかなか捨てづらくて・・・

A  安心してください。専用回収ボックスがあり、このBOXには個人情報などの入ったICチップを使えなくする器具もついていますので、安心してお出しいただけます。当日、使用済み小型家電をご持参していただいた方のうち、先着300名様にかわいい水切り器を差し上げます。

Q  そうですか。いろいろなコーナーがあってとても楽しそうですね。消費生活展は、暮らしに役立つ情報満載ですので、是非、この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか?それでは最後に、さいたま市の消費生活センターのご案内をお願いします。

A  はい。 さいたま市には、消費生活センターは3か所ございます。消費生活総合センターが、大宮駅西口・JACK大宮ビル6階。浦和消費生活センターが、浦和駅東口・コムナーレ9階にありまして、この2か所の受付時間が 午前9時から午後4時30分までになります。もう1か所が、岩槻駅東口駅前の、岩槻区役所内 ワッツ東館3階にあります。ここの受付時間は、午前9時から12時、午後1時から4時30分です。少しでも不安がある方は、まず、お近くのセンターへご相談ください。なお、日曜日は、お電話でのご相談だけですが、消費生活総合センターで、午前9時~4時までお受けしておりますので、ご利用ください。

Q  はい、ありがとうございました。本日は、「第15回さいたま市消費生活展開催についてのお知らせ」について、さいたま市消費生活総合センターからお話をお伺いしました。困ったときはひとりで悩まず、すぐ消費生活センターに相談するとよいですね。本日は、ありがとうございました。

 

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/消費生活総合センター 
電話番号:048-643-2239 ファックス:048-643-2247

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る