ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年8月25日 / ページ番号:C049682

平成28年8月11日放送分 ~エステ・体験だけのつもりが~

このページを印刷する

CityFMさいたまで平成28年8月11日に放送した原稿です。

~エステ・体験だけのつもりが ~ 

Q  今日は、さいたま市浦和消費生活センターから、「エステ・体験だけのつもりが」についてお話を伺いたいと思います。 

A  はい。よろしくお願いします。

Q  今回のテーマであります、「体験だけのつもりが」とは、いったいどういう事なのでしょうか?

A  はい、これは、体験だけのつもりで行ったのに、その日に高額な契約をしてしまうケースが多いという事なんです。この暑い夏、海やプールに行く機会が多いかと思いますが、そんな時に、もうちょっと痩せてたらなあ…なんて思う事もあると思うんですね。そういう時に「痩身無料体験」とか「格安料金でのお試しコース・足痩せ」なんて広告を見たら、ついつい誘われてしまいますよね。

Q  そうですよね。無料体験だけとか、こんなに安いなら1回だけ行ってみようかとか思いますよね。

A  そうですよね。でも、これが実は甘いワナなんですね。体験が終わった後、個室に案内されて勧誘が始まります。「今回の1回だけではもったいない。せっかくだからコースにして少し続けると効果がアップして、もっとやせますよ、とか、きれいになりますよ。」などと勧めてきます。また、「今ならキャンペーン中だから、とてもお得なんです。」などと勧誘されたりもします。結構強引だったり、長時間だったりすることもあるようです。

Q  そうなんですか。そうすると、なかなか帰りづらい雰囲気になりませんか?

A  おっしゃるとおり、そこが狙い目なんです。早く帰りたいからと、言われるがままの契約をしてしまったり、という事につながっていく可能性が出てきますね。また、クレジットカード払いで分割にすれば毎月数千円だから、お支払は楽ですよ。と言われ、そのくらいなら大丈夫かと思って契約をしたら、総額は何十万円だった、という事が多いんです。     自分がやりたいと思っているのなら契約しても良いと思うのですが、体験だけと思っているのなら、その場の雰囲気に流されないで、きっぱりと断ることが大事なんです。

Q  なるほど、その場の雰囲気に流されないという事が大事なんですね。断りきれずに契約してしまい、家に帰ってから、やっぱり高いからやめたいなあと思ってもあとの祭りという事でしょうか。

A  いえいえ、実はエステは解約ができるんです。契約期間が1か月を超え、契約総額が5万円を超えるエステの契約は「特定商取引法」の「特定継続的役務提供」に該当しますので、契約書面を受け取ってから8日間はクーリング・オフが出来ます。また、クーリング・オフ期間が過ぎてしまっていても、解約できる可能性もありますので、悩む前に消費生活センターにご相談いただければと思います。

Q  わかりました。まずは、悩まずに消費生活センターに相談ですね。では最後に、さいたま市の消費生活センターのご案内をお願いします。

A  はい。さいたま市には、消費生活センターは3か所あります。消費生活総合センターが、大宮駅西口・JACK大宮ビル6階。浦和消費生活センターが、浦和駅東口・コムナーレ9階にあります。この2か所の受付時間が、午前9時から午後4時30分までになります。もう1か所が、岩槻駅東口駅前の、岩槻区役所内・ワッツ東館3階にあります。ここの受付時間は、午前9時から12時・午後1時から4時30分です。直接センターにお越しいただいても、お電話でも、ご相談をお受けしますので、少しでも不安がある方は、まず、お近くのセンターへご相談ください。

Q  はい、ありがとうございました。本日は、「~エステ・体験だけのつもりが~」について、浦和消費生活センターからお話をお伺いしました。さいたま市には3か所のセンターがあり、それぞれ専門の相談員がいるということですね。何かありましたら、一人で悩まず、まず、消費生活センターに、相談に行っていただきたいと思います。本日は、どうもありがとうございました。

A  ありがとうございました。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/消費生活総合センター 
電話番号:048-643-2239 ファックス:048-643-2247

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る