ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年5月9日 / ページ番号:C053713

平成29年4月13日放送分 ~ガスの小売全面自由化~

このページを印刷する

CityFMさいたまで平成29年4月13日に放送した原稿です。

~ガスの小売全面自由化~

Q  今日は、さいたま市浦和消費生活センターから、4月にスタートした「ガスの小売全面自由化」について、お話を伺いたいと思います。 よろしくお願いします。

A  はい、よろしくお願いします。

Q  では、その「ガスの小売全面自由化」とは、どういうことでしょうか。

A  はい。これまでは、消費者向けの都市ガスの契約は、地域ごとに特定の業者としか契約できませんでした。しかし、自由化によって、複数の、様々な業種や業態の事業者の中から、消費者が自由に契約先を選択することが可能となりました。これがガスの小売全面自由化です。

Q  消費者が自由に事業者を選べるという事ですね。では、自由化にあたって、注意すべきポイントを教えてください。

A  そうですね。まず、契約先の変更についてですが、ガスの小売り自由化が始まったので、あたかも契約先を変更しなければいけないような事を言って、早期に契約を迫られることが考えられますね。

Q  そうですね。そう言われたら、変更しなければいけないと思ってしまうかもしれませんね。その他注意することは何ですか。

A  はい、今お使いのガス器具について、注意してください。ガスの小売全面自由化に伴って、ガスメーターやガスコンロの変更が必要となることはありません。切り替えを希望しなければ、今お使いのガス会社との契約は継続されます。LPガスから都市ガスへの切り替えの場合は、ガス器具の調整や取り換えが必要となりますが、都市ガスから都市ガスへの切り替えの場合は、ガス器具の取り換えの必要はありません。それから、自由化に便乗して、架空のメーター交換を口実にした料金請求なども発生していますので、十分注意してください。

 また、ガスの小売りが自由化したので、アンケートに回答する必要があるなど、個人情報を聞き出そうとする業者にもお気を付け下さい。アンケートを依頼されたり、ガス代金を聞かれたりした場合には、「事業者名」「目的」「連絡先」等をよく確認し、むやみに個人情報を伝えない様にしてください。

Q  わかりました。事業者を変える変えないに関係なく、メーターやコンロの押し売りがあるという事ですね。自由化に便乗して、いろいろな商法を考えるものですね。他には何かありますか。

A  はい。小売り事業者は、4月1日の小売全面自由化後、ガスの販売を行うために、小売り事業者として登録することになっています。ですので、契約を変更する場合は、登録された事業者かどうか、確認をしてください。登録業者のリストは、「資源エネルギー庁」のホームページで公表しています。また、消費者庁のホームページにもガス小売り全面自由化に関する情報が掲載されておりますので、こちらも参考にしてください。

 いずれにしても、あわてて契約する必要はありません。しっかり検討することが大切です。電気や、その他のサービスとのセット販売にも注意し、工事費や、解約にあたっても、違約金がかかる場合もありますので、よく考えてからにしましょう。何か心配なことがありましたら、まず消費生活センターにご相談下さい。

Q  分かりました。慌てないで、しっかり検討することが大切ですね。では、最後に、さいたま市の消費生活センターのご案内をお願いします。

A  はい。さいたま市には、消費生活センターは3か所あります。大宮に「消費生活総合センター」があり、場所は、大宮駅西口のJACK大宮ビル6階です。浦和には「浦和消費生活センター」があり、場所は、浦和駅東口のコムナーレの9階にあります。この2か所の受付時間が、月曜日から土曜日までの、午前9時から午後4時30分までとなります。もう1か所は、岩槻駅東口駅前の、ワッツ東館3階の岩槻区役所の中に、「岩槻消費生活センター」があります。 ここの受付時間は、月曜日から金曜日までの、午前9時から12時、午後1時から4時30分までとなっています。ご相談は、直接、センターにお越しいただいても結構ですし、お電話でも大丈夫です。

少しでも不安がある方は、まずは、お近くのセンターへご相談ください。また、大宮の総合センターでは、日曜日も午前9時から午後4時まで相談業務を行っておりますが、日曜日は電話相談のみとなりますので、ご注意ください。

Q  はい、ありがとうございました。本日は、「ガスの小売全面自由化」について、浦和消費生活センターからお話をお伺いしました。ありがとうございました。

A  はい、ありがとうございました。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/消費生活総合センター 
電話番号:048-643-2239 ファックス:048-643-2247

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る