ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年7月20日 / ページ番号:C054897

平成29年7月13日放送分 ~タレント・モデル契約のトラブルにご注意!~

このページを印刷する

CityFMさいたまで平成29年7月13日に放送した原稿です。

~タレント・モデル契約のトラブルにご注意! ~

Q  今日は、さいたま市岩槻消費生活センターから「タレント・モデル契約のトラブルにご注意!」について、お話を伺いたいと思います。 宜しくお願いします。

A  はい、よろしくお願いします。

Q  さっそくですが、最近のタレント・モデル契約でのトラブルは、どういうものがあるのでしょうか。

A   はい。10代・20代の女性を中心にタレント・モデル契約関連の様々なトラブルがある中、最近では、スマートフォン等で検索して見つかったオーディションに申し込んだり、SNSに書き込まれているタレント事務所の募集広告を見たりして、自ら連絡を取った事をきっかけにトラブルに遭うケースが見られます。

Q  トラブルの内容を、もう少し具体的に教えていただけますか?

A  はい。ひとつ事例を申し上げます。インターネットで見つけた芸能事務所のオーディションに自ら申込み、書類審査、実技審査、面接…と試験に合格すると、すぐに事務所とのマネジメント契約書を交わされ、また有無を言わさず、芸能スクールに通うよう強要され、費用が入学金と月謝で80万円近くの高額だったので、躊躇すると、月約1万5千円で60回の分割払いを提案された。高額で払えないので、それを言うと、「そんなことでは、芸能活動など出来ない」と高圧的な態度で言われ怖くなり、了承してしまった。しかし、やはり高額で払えないというトラブルです。

Q   そういった事例の場合、どのような点に気をつけるべきでしょう?

A   はい。契約する際には、自分で探して見つけた相手だからと言って、安心だと思わず、どのような活動をするのか、費用はどのくらいかかるかといった内容を十分に確認しましょう。中には、芸能事務所とタレント・モデルの契約を結んだ女性が、事務所からアダルトビデオへの出演を強く勧められる事例も見られますので、十分に注意してください。

Q   アダルトビデオへの出演をいきなり勧められたら、怖いですね。

A   自分の意識しない方向へ金銭的にも精神的にも追い込まれてしまいます。タレントやモデルになるためには必要だと、オーデションの合否に関わらず高額なマネジメント契約やタレント養成教室等の契約を求められたり、プロフィール写真のために必要と高額な撮影料を請求されたり、仕事に必要だからと高額なエステ契約を迫られることもあります。

Q   そう言われたら、契約しなければいけないと思うかもしれませんね。

A   はい。業者はタレントやモデルに憧れる気持ちに付け込んで甘い言葉をかけてきますが、金銭の負担を求められる場合は特に注意が必要です。その場での契約は避け、家族に相談するなどして冷静に判断しましょう。

Q      では、もしも、契約してしまった場合、具体的にどこへ相談すればよいでしょうか。

A   状況によっては、クーリング・オフ等ができる場合があります。被害に遭った場合は、速やかに最寄りの消費生活センターに相談しましょう。消費者ホットラインの、局番なしの番号「188」にかけてもいいです。また、アダルト関連の出演を強要させるなどした場合には、警察に相談しましょう。

Q   わかりました。最寄りの消費生活センターか警察に相談ですね。では、最後に、さいたま市の消費生活センターのご案内をお願いします。

A   はい。さいたま市には、消費生活センターは3か所あります。大宮に「消費生活総合センター」があり、場所は、大宮駅西口のJACK大宮ビル6階です。浦和には「浦和消費生活センター」があり、場所は、浦和駅東口のコムナーレの9階にあります。この2か所の受付時間が、月曜日から土曜日までの、午前9時から午後4時30分までとなります。もう1か所は、岩槻駅東口駅前の、ワッツ東館3階の岩槻区役所の中に「岩槻消費生活センター」があります。 ここの受付時間は、月曜日から金曜日まで、午前9時から12時、午後1時から4時30分までとなっています。ご相談は、直接、センターにお越しいただいても結構ですし、お電話でも大丈夫です。少しでも不安がある方は、まずは、お近くのセンターへご相談ください。また、大宮の総合センターでは、日曜日も午前9時から午後4時まで相談業務を行っておりますが、日曜日は電話相談のみとなりますので、ご注意ください。

Q  はい、ありがとうございました。本日は、「タレント・モデル契約のトラブルにご注意!」というテーマで、岩槻消費生活センターからお話を伺いしました。ありがとうございました。

A  はい、ありがとうございました。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/消費生活総合センター 
電話番号:048-643-2239 ファックス:048-643-2247

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る