ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年2月28日 / ページ番号:C058358

平成30年2月8日放送分 「~覚えておいて!クリーニングの注意点~」

このページを印刷する

CityFMさいたまで平成30年2月8日に放送した原稿です。

「~覚えておいて!クリーニングの注意点~」   

 

Q  今日は、さいたま市浦和消費生活センターから、「覚えておいて!クリーニングの注意点」について、お話ししていただきます。よろしくお願いします。

A  はい、よろしくお願いします。2月に入り、ますます寒さが厳しくなり、ウールのコートやダウンコート、ダウンジャケットが大活躍の季節ですね。でもあとひと月もすれば暖かい春が近づいてまいりますので、冬の間着用したコート等をクリーニングに出すようになります。今から、クリーニングの注意点など、少し頭に入れておいていただければと思います。

Q  最近は本当に寒くて、自分もダウンは良く着ますが、自分で洗えないから、やっぱりクリーニングに出します。どんなところに気を付ければ良いでしょうか?

A  そうですね、最近は洗えるダウンやセーターも出ていますので、ご自宅で手洗いする方も増えてはいると思いますが、さすがにウールやカシミヤのコートなどはクリーニングに出しますよね。また、ご自宅で洗えるものでも、手間を考えると、クリーニングに出してしまおうと思う方もいらっしゃると思いますが、クリーニングは、出すところから注意が必要となります。まず、衣類のチェックをしましょう。シミや汚れの状態、ほつれやキズ、ボタンの有無など、ご自身とクリーニング店の方と一緒に確認することが大切です。お互い確認したうえで、クリーニング店に預けてください。

Q  渡す前にまずクリーニング店の方と一緒に確認するんですね。それはどうしてでしょうか?

A  それはですね、例えば、あったはずのボタンが無くなったり、ついていなかったシミが付いていたりした場合、始めに双方で確認作業をしていれば、もう一度クリーニングしてもらったり、あるいは、賠償を求めることになっても、スムーズに事が運びやすいというわけです。

Q  なるほど、そうですよね。だから出すときに一緒に確認することが大事なんですね。それでは、次にクリーニングを受け取るときの注意点をお聞かせください。

A  はい、わかりました。受け取るときも、受け取ってすぐ持ち帰るのではなく、預けるときと同様に、クリーニング店の方と一緒に確認をしてください。何かあれば、すぐその時に言う、という事が大事になります。何らかのトラブルがあった場合、「クリーニング事故賠償基準」というものをもとに対応していただくことになりますが、受け取ってから半年、あるいは、預けてから1年が経過すると、賠償を求められないとなっています。受け取ったときに確認せず、翌年のシーズンに着ようと思ったら、「こんなシミはなかったのに」とか、「あら、穴があいてるわ」と言っても、もう保証はできません。と言われてしまうわけです。それから、洋服にかかっているビニール袋ですが、これはご自宅に持ち帰りましたら、必ず外してくださいね。

Q  受け取るときも一緒に確認することが大事という事ですね。それと、ビニール袋はなぜはずした方が良いのですか?

A  はい、このビニール袋は、クリーニング店から自宅に運ぶまでの間、キズやほこりから守るための一時的なものです。ドライクリーニング洗浄後には、必ずドライ溶剤を乾燥させるんですが、完全に乾燥できていない状態で包装して、お客様の手元に戻る場合があります。ドライ溶剤の中でも、特に石油系溶剤が衣類に残っている状態で着用すると、皮膚障害を起こしてしまう場合もあります。これがいわゆる「科学やけど」というものなんですが、ドライクリーニングした後の乾燥不足が原因と言われています。その他にも、ビニール袋をかけたまま収納しておくと、袋の中に湿気がたまってカビが発生したり、型崩れが起こる場合もあります。また、ビニール袋には、酸化防止剤が使われているため、衣類を黄色く変色させてしまう事もありますので、ビニール袋をはずして、よく乾燥させることが大事といえるわけです。

Q  なるほど、よくわかりました。ラジオをお聞きの皆さん、クリーニングの際は、出すときに確認、受け取るときに確認、そしてビニール袋はすぐに取る。この3点を覚えておいてくださいね。それでは、最後に消費生活センターのご案内をお願いします。

A  はい。さいたま市には、消費生活センターが、大宮・浦和・岩槻の3か所にございます。大宮の「消費生活総合センター」は、大宮駅西口、JACK大宮ビル6階です。「浦和消費生活センター」は、浦和駅東口、コムナーレの9階になります。この2か所の受付時間は、月曜日から土曜日までの、午前9時から午後4時30分までです。「岩槻消費生活センター」は、岩槻駅東口駅前の、ワッツ東館3階、岩槻区役所の中にあります。 ここの受付時間は、月曜日から金曜日までの、午前9時から12時、午後1時から4時30分までとなっています。また、大宮の消費生活総合センターでは、日曜日、午前9時から午後4時まで電話相談も行っています。専門の相談員が相談をお受けしますので、悩まずにお気軽にご相談ください。

Q  はい、ありがとうございました。本日はさいたま市浦和消費生活センターから「クリーニングの注意点」についてお話を伺いました。さいたま市には消費生活センターが3か所あり、それぞれに専門の相談員がいらっしゃるという事ですね。では、何かありましたら、すぐに消費生活センターにご相談にしていただきたいと思います。本日はどうもありがとうございました。

A  はい、ありがとうございました。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/消費生活総合センター 
電話番号:048-643-2239 ファックス:048-643-2247

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る