ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年4月23日 / ページ番号:C045518

2006-2016年全数把握疾患

このページを印刷する

 全数把握疾患とは、感染症法により医師に全数届出が義務付けられている86疾患(2017年1月10日現在)です。その年によって対象疾患の追加等があるため、10年の推移が確認できない疾患があります。
 2006年から2014年は確定データです。2015、2016年のデータは2016年1月10日現在の速報値です。
 疾患別の届出基準と届出様式は、「医師及び獣医師の届出について(厚生労働省)(新しいウィンドウで開きます)」をご参照ください。

一類感染症

2006年から2016年の間、一類感染症(エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱)の届出はありませんでした。

二類感染症

2006-2016年全数届出数(2類)(CSV形式:1KB)

疾患名 届出数 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
急性灰白髄炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
結核

296 262 217 243 286 233 218 248 199 244
ジフテリア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
重症急性呼吸器症候群(SERS)
(病原体がコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る)
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

中東呼吸器症候群(MERS)

(病原体がコロナウイルス属MERSコロナウイルスであるものに限る)

0

0

0
鳥インフルエンザ(H5N1) 0 0 0 0 0 0

0

0 0 0 0
鳥インフルエンザ(H7N9) 0 0 0 0
  • 感染症法の改正により2007年4月1日に、結核が追加され、重症急性呼吸器症候群(SERS) が一類感染症から二類感染症に変更になりました。
  • 中東呼吸器症候群(MERS) は2014年7月26日に指定感染症に追加され、翌2015年1月21日に二類感染症に変更になりました。
  • 鳥インフルエンザ(H5N1)は、2006年6月12日から指定感染症に追加され、2008年5月12日に二類感染症に変更になりました。
  • 鳥インフルエンザ(H7N9)は、2013年5月6日に指定感染症に追加され、2015年1月21日に二類感染症に変更になりました。
     

三類感染症

2006-2016年全数届出数(3類)(CSV形式:1KB)

疾患名 届出数 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
コレラ 1 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0
細菌性赤痢 1 2 2 1 0 5 3 0 0 1 6
腸管出血性大腸菌感染症 34 24 31 15 19 20 46 51 42 35 43
腸チフス 0 1 1 0 0 0 1 1 1 0 0
パラチフス 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0

※コレラ、細菌性赤痢、腸チフス、パラチフスは、2007年4月1日に二類感染症から三類感染症に変更になりました。

四類感染症

2006-2016年全数届出数(4類)(CSV形式:1KB)

疾患名 届出数 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
E型肝炎 0 0 0 0 0 1 0 2 3 1 7
A型肝炎 1 2 0 0 2 1 0 2 3 7 1
デング熱 0 1 1 0 3 0 0 3 2 4 7
ブルセラ症 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0
マラリア 0 0 0 0 1 0 2 0 0 0 0
レジオネラ症 1 5 7 5 7 3 10 6 10 12 13
レプトスピラ症 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0
  • 2006年から2016年の間、次の疾患の届出はありませんでした。
    ウエストナイル熱、エキノコックス症、黄熱、オウム病、オムスク出血熱、回帰熱、キャサヌル森林病、Q熱、狂犬病、コクシジオイデス症、サル痘、ジカウイルス感染症、重症熱性血小板減少症候群、腎症候性出血熱、西部ウマ脳炎、ダニ媒介脳炎、炭疽、チクングニア熱、つつが虫病、東部ウマ脳炎、鳥インフルエンザ(H5N1及びH7N9を除く)、ニパウイルス感染症、日本紅斑熱、日本脳炎、ハンタウイルス肺症候群、Bウイルス病、鼻疽、ベネズエラウマ脳炎、ヘンドラウイルス感染症、発しんチフス、ボツリヌス症、野兎病、ライム病、リッサウイルス感染症、リフトバレー熱、類鼻疽、ロッキー山紅斑熱
     
  • オムスク出血熱、キャサヌル森林病、西部ウマ脳炎、ダニ媒介脳炎、東部ウマ脳炎、鳥インフルエンザ(H5N1及びH7N9を除く)、鼻疽、ベネズエラウマ脳炎、ヘンドラウイルス感染症、リフトバレー熱、類鼻疽及びロッキー山紅斑熱は、2007年4月1日の感染症法の改正により追加されました。
  • 鳥インフルエンザ(H5N1及びH7N9を除く)については、2008年5月12日の感染症法の改正によりH5N1が、2013年5月6日の感染症法の改正によりH7N9が除かれています。
  • チクングニア熱は、2011年2月1日の感染症法の改正により追加されました。 重症熱性血小板減少症候群(病原体がフレボウイルス属SFTSウイルスであるものに限る) は、2013年3月4日の感染症法の改正により追加されました。 
  • ジカウイルス感染症は、2016年2月15日の感染症法の改正により追加されました。

五類感染症

2006-2016年全数届出数(5類)(CSV形式:1KB)

疾患名 届出数 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
アメーバ赤痢 10 8 12 5 7 7 14 13 11 5 16

ウイルス性肝炎

(E型肝炎及びA型肝炎を除く)

0 0 1 1 0 4 6 3 7 3 4
カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症 0 7 10
急性脳炎 3 8 5 4 7 6 6 13 5 4 12
クロイツフェルト・ヤコブ病 0 1 2 2 1 0 3 3 2 3 1
劇症型溶血性レンサ球菌感染症 0 2 3 5 5 0 4 3 3 4 7
後天性免疫不全症候群 3 8 7 10 9 12 14 14 14 10 19
ジアルジア症 0 0 0 0 2 1 1 0 1 2 0
侵襲性インフルエンザ菌感染症  -  1 2 4 3
侵襲性髄膜炎菌感染症 1 0 1 2
侵襲性肺炎球菌感染症 16 30 23 26
水痘(入院例に限る) 0 4 0
先天性風しん症候群 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0
梅毒 3 9 20 5 6 10 11 9 19 30 65
播種性クリプトコックス症

1

0 2
破傷風 0 1 2 1 1 2 1 2 0 1 2
バンコマイシン耐性腸球菌感染症 0 0 4 3 2 0 2 1 0 0 0
風しん

3 1 1 2 29 166 1 1 0
麻しん 90 5 5 5 2 0 0 0 0
  • 2006年から2016年の間、次の疾患の届出はありませんでした。
    クリプトスポリジウム症、髄膜炎菌性髄膜炎、バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症、薬剤耐性アシネトバクター感染症

     
  • カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症、水痘(入院例に限る)、播種性クリプトコックス症、薬剤耐性アシネトバクター感染症は、2014年9月19日の感染症法の改正により追加されました。

     
  • 侵襲性インフルエンザ菌感染症、侵襲性髄膜炎菌感染症、侵襲性肺炎球菌感染症は、2013年4月1日の感染症法の改正により追加されました。 関連して、髄膜炎菌性髄膜炎が削除されました。

     
  • 風しん及び麻しんは、2008年1月1日の感染症法の改正により追加されました。

 

新型インフルエンザ等感染症

新型インフルエンザ等感染症には、新型インフルエンザと再興型インフルエンザがあります。
新型インフルエンザ等感染症に規定される疾患は、現在のところありません。

2006-2016年全数届出数(新型インフルエンザ等)(CSV形式:1KB)

疾患名 届出数 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
新型インフルエンザ 0 77 0 0 0 0 0 0 0
  • 2009年は、新型インフルエンザ(A/H1N1)について全数調査が行われた2009年4月28日から8月24日の間に報告された件数です。 2009年7月24日から8月24日の間はクラスター(集団発生)サーベイランスによる届出となっています。届出数には、疑似症患者も含まれています。
  • 新型インフルエンザ等感染症は、2008年5月12日の感染症法の改正により追加されました。


さいたま市感染症情報センタートップページへ

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/健康科学研究センター/保健科学課 
電話番号:048-840-2250 ファックス:048-840-2267

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る