ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年2月2日 / ページ番号:C008685

新型インフルエンザ対策について

このページを印刷する

平成21年4月下旬に発生し、世界的流行となった新型インフルエンザ(A/H1N1)ですが、日本では平成23年4月1日から「インフルエンザ (H1N1)2009」 として、季節性インフルエンザと同様の扱いとなりました。

このインフルエンザ(H1N1)2009がそうであったように、新型インフルエンザは人々が免疫を持たない、未知のインフルエンザです。
いつ、どのように起こるか、また、ウイルスの毒性も実際には予測困難です。
現在最も心配されている新型インフルエンザは、東南アジアを中心にトリで流行しているH5N1型インフルエンザウイルスがヒトからヒトへと感染を起こすようになって出現するものです。

新型インフルエンザの感染拡大を防ぐのは、行政のみならず、市民の皆さま、医療機関、事業者など、多くの方々の協力が必要です。

今後とも市民の皆さまには、新型インフルエンザに対する正しい知識を身につけていただくとともに、個人でできる感染防止策として、「うがい、手洗い」、「咳エチケット」等を励行していただきますよう、お願い申し上げます。

また、医療関係者をはじめとして、各事業者におかれましては、平成21年の「新型インフルエンザ」への対応状況も参考に、新型インフルエンザが発生した際にも事業を継続していくための計画を整備しておくなどの対策を講じられますよう、お願い申し上げます。

新型インフルエンザに関する情報

その他情報

さいたま市医療なび

医療機関を探す さいたま市医療なび

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健部/地域医療課 
電話番号:048-829-1292 ファックス:048-829-1967

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る