ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年6月23日 / ページ番号:C073292

「新しい生活様式」における熱中症予防

このページを印刷する

新型コロナウイルス感染症の対策が続く中で迎える今夏は、感染防止の3つの基本である「身体的距離の確保」「マスクの着用」「こまめな手洗い」や「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の「新しい生活様式」が求められています。これまでとは異なる生活環境下であることから例年以上に熱中症に気を付つけることが大切です。市民の皆様には、十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防をこれまで以上に心がけるようにしましょう。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

1マスクの着用について
夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、体内に熱がこもりやすく、のどの渇きも感じづらくなり、知らないうちに脱水が進んで熱中症になるリスクが高くなるおそれがあります。屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。                                   

2水分補給について
マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、適宜、マスクを外して休憩しましょう。

3エアコンの使用について
新型コロナウイルス感染症を予防するためには、冷房時でも換気扇や窓開放によって換気をする必要があります。この時、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

4日頃の健康管理について
日頃の体温測定、健康チェックは新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。体調が悪いと感じた時は、自宅で静養が必要です。

5周囲への配慮について
3密(密集、密接、密閉)を避けつつも、ご自身はもちろん、周りの方にも目配り、声掛けをするようにしましょう。

熱中症予防方法

1暑さを避けましょう。
(1)室内の温度・湿度をこまめに確認し、適切に管理しましょう(適正な室温)。
(2)室内では扇風機や冷房を上手に使いましょう。
(3)外出時は、天気予報や環境省ウエブサイトで毎日発表される「暑さ指数(WBGT)」を参考に、熱い日や時間帯を避け、無理のない範囲で活動しましょう(環境省ウエブサイト)。
(4)涼しい服装に心掛け、屋外では日傘や帽子を利用しましょう。
(5)体調に異変を感じたら、涼しい場所に移動し、身体を冷やし、スポーツドリンクなどで水分と塩分を補給して安静にしてください。

2こまめに水分補給しましょう。
(1)「のどが渇いた」と感じる前にこまめに水分補給しましょう(一般的に、食事以外に1日当たり1.2Lの水分摂取が目安とされています)。
(2)一度に多量に水を補給することは避けましょう(体内の塩分が薄まり、バランスが崩れた状態になります)。
(3)激しい運動、作業を行ったとき、多くの汗をかいた時は塩分も補給しましょう。

3暑さに備えた身体作りをしましょう。
(1)朝食をしっかり食べましょう(就寝中に失われた水分とイオンを補給します)。
(2)寝不足にならないようにしましょう。
(3)日頃からウォーキング等で汗をかく習慣を身につけて身体が暑さに慣れていれば、夏の暑さにも対抗しやすくなり、熱中症にもかかりにくくなります。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健所/疾病予防対策課 感染症対策係
電話番号:048-840-2204 ファックス:048-840-2230

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る