ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年11月11日 / ページ番号:C081695

新型コロナウイルス感染症 陽性者及び濃厚接触者の方へ

このページを印刷する

新型コロナウイルス感染症の陽性と診断された方、濃厚接触者に係る対応の流れについて

新型コロナウイルス感染症 陽性者、濃厚接触者に係る対応の流れ
新型コロナウイルス感染症の陽性者、濃厚接触者に係る対応の流れについて

陽性と診断された方への対応について

(1)発生届

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(以下、感染症法)第12条第1項及び第14条第2項に基づき、新型コロナウイルス感染症と診断した医師より、医療機関所在地の管轄保健所へ「発生届」が提出されます。

(2)陽性と診断された方へのご連絡

(1)の発生届が医療機関からさいたま市保健所へ、又は他の保健所からさいたま市保健所へ提出されると、さいたま市保健所より、陽性と診断された方へ電話にてご連絡します。
その際に、主に次の「(3)陽性と診断された方に対する調査」に記載のある事項についてのご案内及び質問をしますので、事前にご確認ください。

(3)陽性と診断された方に対する調査

調査内容(状況等に応じて、質問事項は増減しますのでご了承ください。)
・基礎疾患の有無
・既往歴の有無
・身長、体重
・症状の有無(体温、咳、鼻水等)
・同居家族の有無及び構成(氏名・年齢等)
・同居家族の症状の有無
・勤め先の所在地、業務内容等
・通勤方法(公共交通機関の利用の有無や経路)
・発症日(無症状の場合は陽性が確定した検体を採取した日)の2日前から現在までの行動歴(飲食した店や一緒に行動した人、マスクの着用の有無や滞在時間等)

(4)陽性と診断された方の療養について

(3)で聞き取った症状や基礎疾患の有無等によって入院、ホテル療養又は自宅療養のいずれかの方法で療養します。

・入 院・・・さいたま市保健所から埼玉県へ連絡し、埼玉県が入院先の病院調整を行います。

・宿泊療養・・・さいたま市保健所が宿泊療養先(ホテル)の調整を行った後に、保健所が用意した車により宿泊療養先へ入所します。
※宿泊療養期間中の注意点等については、「さいたま市の宿泊療養の手引き」をご確認ください。

・自宅療養・・・ご自宅にて経過観察を行います。保健所や支援センターにより療養のサポートをします。療養期間中、HER-SYS(スマートフォンによる入力)又は電話等により、毎日健康観察を行います。
※自宅療養期間中の注意点等については、「さいたま市の自宅療養の手引き」をご確認ください。

(5)陽性であったことの証明書について

さいたま市では、新型コロナウイルス感染症について、陽性であったことを証明するための書類(「宿泊・自宅療養証明書」等)は発行しておりません。
感染症と診断された日(就業制限が開始される日)が記載された「就業制限通知書」と、就業制限の解除日が記載された「就業制限解除通知書」を陽性者全員に郵送しており、その2通の通知書を保険会社等との手続に使用していただいております。
※通知書は順次、発送しておりますが、陽性者の急増等の理由で発送が遅れることがあります。 

なお、医療機関から保健所に届く「発生届」に記載された「診断年月日」から療養終了までの期間を療養期間(就業制限期間)としています。
(例)
令和3年3月31日に発症し検査を行い、令和3年4月1日に結果が判明し、陽性と診断された。その後、自宅療養を行い、4月7日から症状が軽快し72時間経過した場合、
療養期間(就業制限期間)は、「令和3年4月1日~令和3年4月10日」となります。

濃厚接触者の方への対応について

陽性と診断された方に対する調査により、直近の行動歴を確認し、同居家族や友人等の濃厚接触者を決定します。
また、必要に応じて、「高齢者施設」、「学校」、「会社」等の施設へ確認し、濃厚接触者を決定します。

※濃厚接触者とは・・・
陽性者の感染可能期間内(発症日又は無症状の陽性者の検体採取日の2日前から、診断後に隔離等をされるまでの期間)に、

・陽性者(確定)と同居又は長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
・適切な感染防護無しに患者を診察、看護もしくは介護をした者
・患者の気道分泌液又は体液等の汚染物に直接触れた可能性のある者
・手で触れることのできる距離(1メートル)で、必要な感染予防無しで患者と15分以上の接触があった者

この定義をもとに、さいたま市保健所が感染者、家族又は会社等から聞き取り調査をし、状況に応じて総合的に判断します。

(1)濃厚接触者となった場合

陽性者への調査(積極的疫学調査)の中で、濃厚接触者となった場合は、PCR検査の結果が陰性であっても、陽性者との最終接触日の翌日から14日間は外出の自粛や健康観察をお願いします。
※PCR検査の結果が陽性の場合、陽性者として症状の重症度により入院や宿泊療養施設においての療養、もしくは自宅療養となります。
(例)
最終接触日が4月1日(月)の場合、健康観察の期間は14日間(2週間)後の4月15日(月)までとなります。

(2)外出自粛の要請期間中(陽性者との最終接触日の翌日から14日間)の過ごし方について

・陽性者との最終接触日の翌日から14日が経過するまでは発症する可能性があるため、不要不急の外出は控えてください。(通勤や通学もお控えください。)
やむを得ない場合は、マスクの着用と手指衛生等の感染予防策を必ず行ってください。
・公共交通機関は利用しないでください。(不特定多数が利用する電車、バス等)
・健康状態を毎日ご確認ください(1日2回体温を測定する等)。
・発熱や呼吸器症状、倦怠感等の症状が現れた場合には保健所までご連絡ください。
・同居者がいる場合は次の点についても注意してください。
-他の同居者と同じ部屋で過ごす時間をできるだけ短くする(接触を避ける)
-可能な限り、空間を分けて生活する
-食事は一緒にせず、別室もしくは時間をずらす
-咳エチケット(自宅内でもマスクの着用が望ましい)
-こまめな手洗いやアルコール消毒(トイレ、入浴後の浴室、ドアノブや電気のスイッチ等)
-窓を開けられるときは、1日に何度か換気をする
-タオルなどの共有はしない

よくある質問(FAQ)

Q1 濃厚接触者とは、どう判断するのか。

A1 国立感染症研究所感染症疫学センター「新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的な疫学調査実施要領」では次のとおり記載されています。
<濃厚接触者の定義>
・陽性者(確定)と同居又は長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
・適切な感染防護無しに患者を診察、看護もしくは介護をした者
・患者の気道分泌液又は体液等の汚染物に直接触れた可能性のある者
・手で触れることのできる距離(1メートル)で、必要な感染予防無しで患者と15分以上の接触があった者

この定義をもとに、保健所が陽性者、家族又は会社等から聞き取り調査をし、状況に応じて総合的に判断します。
参考:国立感染症研究所感染症疫学センターホームページ(新しいウィンドウで開きます)

Q2 私は濃厚接触者と言われたが、家族も自宅待機となるのか。

A2 保健所から濃厚接触者の方と接触していた方に関して、自宅待機をお願いをすることはありません。
ただし、陽性となった場合は、周りにいる人が濃厚接触者になる可能性があるため、不要不急の外出を控えるようお願いをしています。

Q3 濃厚接触者ではないが、体調が悪い(発熱、咳や味覚嗅覚異常がある等)ので、PCR検査を受けたい。

A3 まずは、日頃受診されているかかりつけ医のいる医療機関に電話でご相談ください。かかりつけ医で対応できない場合、
又はかかりつけ医がいない場合は、埼玉県受診・相談センター(電話:048-762-8026、FAX:048-816-5801)に
ご連絡のうえ、検査医療機関をご確認ください。
また、埼玉県のホームページ「埼玉県指定 診療・検査医療機関検索システム」にてご確認できます。

Q4 自宅療養している家族(陽性者)と同居しており、濃厚接触者と言われた。PCR検査は陰性であったが、その場合、自宅待機はいつまでするのか。

A4 自宅療養している陽性者と同居している濃厚接触者の場合は、陽性者が療養解除になってから14日間が経過するまで自宅待機をお願いしております。

Q5 就業制限通知書に発症日は記載されないのか。

A5 就業制限通知書については感染症法に基づき、初診年月日と診断年月日のみ記載するものとなります。

特例郵便等投票について

新型コロナウイルス感染症で宿泊・自宅療養等をしている方で、一定の要件に該当する方は、令和3年6月23日以後にその期日を公示又は告示される選挙から「特例郵便等投票」ができることとなりました。
なお、濃厚接触者の方は本制度の対象ではありませんので、石鹸での手洗いやアルコール消毒をし、マスクを着用するといった感染症対策を十分に行った上で、投票所で投票をしてください。
詳細につきましては、区の選挙管理委員会又は市の選挙管理委員会にお問い合わせください。

参考:新型コロナウイルス感染症で宿泊・自宅療養等されている方の投票(特例郵便等投票)

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健所/疾病予防対策課 感染症対策係
電話番号:048-840-2204 ファックス:048-840-2230

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る