ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年5月10日 / ページ番号:C078570

新型コロナウイルスワクチン接種のご案内

このページを印刷する

令和3年5月10日現在、「インターネット予約専用サイト」「さいたま市コロナワクチンコールセンター」ともに、大変混み合っております。ご迷惑をおかけし申し訳ございません。なお、ワクチンは皆さま分接種できる準備がございます。慌てず時間をおいてアクセス・お電話いただきますようお願いします。

高齢者ワクチン接種 接種クーポン券などについて動画で説明しています

4月30日さいたま市長メッセージ動画へのリンク
接種クーポン券についての説明動画
高齢者ワクチン接種 接種クーポン券のご案内
・接種クーポン券の発送及び接種予約スケジュール
・同封書類についてのご説明
・ワクチン供給量の増加に合わせた、区役所等の集団接種会場の開設予定について
※画像をクリックすると動画をご覧になれます。(新しいウィンドウでYouTubeが開きます)
説明内容(PDF形式 153キロバイト)
説明内容(ルビあり)(PDF形式 192キロバイト)

新型コロナウイルスワクチン接種クーポン券が届いた方へのご案内

注射されるヌゥ

さいたま市では、下記のとおり、新型コロナウイルスワクチン接種を実施します。
内容を十分ご理解の上、ご希望される方は、ワクチン接種を受けてください。

※新型コロナウイルスワクチン接種は、事前予約制となります。

目次

  1. 現在の状況
  2. 接種事業の概要
  3. 接種までの流れ
  4. 障害をお持ちの方へ
  5. 外国人の方へ(がいこくじんのかたへ)(for Foreign Residents)
  6. 住所地以外での接種を希望される方へ
  7. 接種クーポン券の再発行を希望される方へ
  8. 新型コロナワクチンに便乗した詐欺にご注意ください
  9. お問い合わせ先

1.現在の状況

  • 令和3年5月10日(月曜日)午前9時00分から、高齢者(85歳以上の方)の接種予約受付を開始しました。
  • 令和3年4月26日(月曜日)に、高齢者(85歳以上の方)の接種クーポン券を発送しました。
  • 令和3年4月12日(月曜日)から、高齢者施設入所者へのワクチン接種を開始しました。

(目次へ戻る)

2.接種事業の概要

[1] 目的

新型コロナウイルス感染症の発症を予防し、死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、結果として新型コロナウイルス感染症のまん延の防止を図るものです。

線

[2] 対象者

接種日時点でさいたま市に住民登録があり、16歳以上の方が対象です。

※予防接種を受ける方は、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
※厚生労働省が定めた優先順位に基づき、優先順位上位の方から順次接種に使用するクーポン券を発送します。優先順位の考え方については、厚生労働省ホームページ「接種についてのお知らせ」をご参照ください。

現在は、高齢者を対象とした接種を進めています。

線

[3] 接種時期

高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチン接種のスケジュールは、下表のようになっています。

<高齢者の接種クーポン券送付スケジュール及び予約開始時期について>
対象者 対象者数 接種クーポン券発送時期 予約開始時期の目安
85歳以上の方 約5.5万人 令和3年4月26日(発送済)

令和3年5月10日午前9時

80歳~84歳の方 約5.3万人 令和3年5月10日の週

令和3年5月17日

75歳~79歳の方 約6.4万人 令和3年5月17日の週 令和3年5月24日
70歳~74歳の方 約8.2万人 順次発送 順次予約開始
65歳~69歳の方 約6.6万人

※ワクチンの供給状況等により、スケジュールが変更になることもあります。
※接種予約には接種クーポン券が必要となります。

線

[4] 実施場所

さいたま市内の個別接種会場(実施医療機関)または集団接種会場で接種を実施します。

※お住いの区以外の実施医療機関でも接種を受けることができます。
※治療を受けているご病気をお持ちの方は、かかりつけ医に予防接種を受けてよいか、あらかじめご相談ください。
※できる限り、通い慣れた医療機関をお選びください。
※1回目接種後、2回目接種のご予約時にも、極力同じ医療機関でご予約ください。
※掲載の希望があった実施医療機関のみ掲載しています。

●個別接種会場

市内の300か所を超える医療機関での個別接種を実施します。
接種実施医療機関については、こちらをご覧ください。

区ごとの一覧もご覧になれます。
西区北区大宮区見沼区中央区桜区浦和区南区緑区岩槻区

※個別接種会場となる医療機関では、原則予約の受付はしておりませんので、お問い合わせはご遠慮ください。

●集団接種会場

区役所等での集団接種を実施する予定です。(実施時期等は調整中です。)
現在予定されている集団接種会場については、こちらをご覧ください。(今後、変更となる可能性があります。)

※集団接種会場となる施設等では、原則予約の受付はしておりませんので、お問い合わせはご遠慮ください。特に民間等施設においては、会場借用のみのため、ワクチンや予約についてのご相談はお受けできません。

線

[5] 現在接種されているワクチン

ファイザー社製のワクチンです。
詳しくは、厚生労働省ホームページ「ファイザー社の新型コロナワクチンについて」をご覧ください。

線

[6] 接種回数・接種間隔

2回の接種が必要です。
ファイザー社製のワクチンでは、通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。

線

[7] 費用

無料で接種できます。(全額公費で接種を行います。)

※接種クーポン券を利用してコロナワクチン接種を受けることができるのは2回までです。重複して接種を受けた場合、費用はご本人負担となり、医療機関に料金をお支払いいただくことになります。

 (目次へ戻る)

3.接種までの流れ

[1] 接種クーポン券が届く

さいたま市から、下の写真のような封筒で、接種クーポン券が届きます。

封筒外観
封筒外観

「さいたま市新型コロナウイルスワクチン接種のご案内」や「新型コロナワクチン予防接種についての説明書」をよくお読みください。

線

[2] 注意が必要な方など

ご自身が次の項目に当てはまると思われる方は、かかりつけ医にご相談ください。

接種を受けられない方

一般に、以下の方は、ワクチンを接種することができません。ご自身が当てはまると思われる方は、ワクチンを接種しても良いか、かかりつけ医にご相談ください。

  • 明らかに発熱している方
    (明らかな発熱とは、通常37.5度以上を指します。ただし、37.5度を下回る場合も平時の体温を鑑みて発熱と判断される場合はこの限りではありません。)
  • 重い急性疾患にかかっている方
  • ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症の既往歴のある方
    (重度の過敏症とは、アナフィラキシーや、全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状を指します。)
  • 上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある方

接種を受けるのに注意が必要な方

一般に、以下の方は、ワクチンを接種するに当たって注意が必要です。ご自身が当てはまると思われる方は、ワクチンを接種しても良いか、かかりつけ医にご相談ください。

  • 過去に免疫不全の診断を受けた人、近親者に先天性免疫不全症の方がいる方  
  • 心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある方  
  • 過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状がでた方  
  • 過去にけいれんを起こしたことがある方 
  • ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こるおそれがある方

また、新型コロナワクチンは筋肉内に注射することから、次の方は接種後の出血に注意が必要とされています。

  • 抗凝固療法を受けている人、血小板減少症または凝固障害のある方

線

[3] 接種会場を探す

ワクチン接種を受けることができる接種会場をお探しください。

※お住いの区以外の実施医療機関でも接種を受けることができます。
※治療を受けているご病気をお持ちの方は、かかりつけ医に予防接種を受けてよいか、あらかじめご相談ください。
※できる限り、通い慣れた医療機関をお選びください。
※1回目接種後、2回目接種のご予約時にも、極力同じ医療機関でご予約ください。
※掲載の希望があった実施医療機関のみ掲載しています。

一覧から探す

●地図から探す(準備中です。)

線

[4] 予約する

予約開始時期の目安の頃になりましたら、接種会場の予約受付状況などを確認した上で、インターネットや電話で予約をしてください。
※1回目接種後、2回目接種のご予約時にも、極力同じ医療機関でご予約ください。

インターネットで予約する

予約専用サイトから予約できます。
予約専用サイトのURLは、接種クーポン券にも記載されています。

【参考】インターネット予約の流れ
  1. パソコン、スマートフォン、タブレット等から、ワクチン接種予約サイトにログインする。
  2. 会場を選択する。
  3. 接種日と時間帯を選択する。
  4. お名前などの必要な項目を入力する。
    ※予約をキャンセルするときに必要となるため、メールアドレスの登録をお勧めします。
    ※詳しくは、予約サイトマニュアルをご覧ください。
マニュアル表紙
予約サイトマニュアル

電話で予約する

さいたま市コロナワクチンコールセンター(電話番号:0570-028-027)でも予約を受け付けます。
電話予約には予約受付IDなどが必要となりますので、お手元に接種クーポン券をご用意の上、お電話ください。
※お掛け間違いにより、一般の方へご迷惑をおかけする事象が発生しております。お電話いただく際には、電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようお願いいたします。

【参考】電話予約の流れ
  1. さいたま市コロナワクチンコールセンター(電話番号:0570-028-027)に電話する。
    ※お掛け間違いにより、一般の方へご迷惑をおかけする事象が発生しております。お電話いただく際には、電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようお願いいたします。
  2. 予約したいと伝える。
  3. 接種クーポン券に記載されている「予約受付ID(券番号)」と「生年月日(パスワード)」を伝える。
  4. オペレーターが、お名前などの聞き取りを行いますので、お答えください。
  5. 希望する接種会場(医療機関等)を伝える。
  6. 接種日と時間帯を決める。

※接種会場(医療機関や区役所等)での予約受付はできません。

線

[5] 接種を受ける

予約日になりましたら、予約した接種会場に行き、ワクチン接種を受けてください。

感染予防と感染拡大防止にご協力ください

新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける際も、マスク着用や3密を避けるなどの感染対策を徹底しましょう。
詳しくは、さいたま市「新型コロナウイルス感染症を予防するために」をご覧ください。

持ち物

接種を受ける際には、次の物をご持参ください。

  1. 本人確認書類
    生年月日や住所の印字があり、本人確認できるもの。
    (運転免許証、健康保険証、介護保険被保険者証など)
  2. 接種クーポン券
    さいたま市から郵送された封筒に同封されています。
    クーポン券下部の接種券は、剝がさずに、そのままご持参ください。
    また、他の市区町村で1回目の接種を受けた方は、他市区町村発行の接種クーポン券もご持参ください。
  3. 予診票
    さいたま市から郵送された封筒に同封されています。
    住所、氏名、電話番号、生年月日、年齢、性別、質問事項を事前にご記入の上、お越しください。
    予診票記入例はこちらです。)
  4. 封筒
    さいたま市から郵送された封筒ごとご持参ください。
記入例
予診票記入例

服装

通常、上腕の三角筋に注射するため、肩を出しやすい服装でお越しください。

肩を出しやすい服装
肩を出しやすい服装のイメージ
(厚生労働省「新型コロナワクチン接種のお知らせ」)

公共交通機関でお越しください

ワクチンを接種した後、接種部位に痛みが強く出たり、発熱、倦怠感、頭痛や関節痛などの全身性の反応が出たりすることがあります。接種会場には、できるだけ公共交通機関を利用してお越しください。

線

[6] 接種後の体調の変化

接種後(特に接種直後から数日間)は、体調に注意してください。
接種を受けた後は、15分以上、接種会場で座って様子を見てください。

起こるかもしれない症状(副反応)

ワクチンは筋肉内注射のため、痛みや腫れなどの軽い副反応は頻繁に現れますが、通常、数日以内に治ります。
必要に応じて解熱鎮痛剤を服用するなど、しばらく様子を見てください。
(日常生活に支障をきたす重い症状の割合は、ごくわずかです。)

詳しくは、埼玉県リーフレット「新型コロナワクチンの接種を受けた方へ」をご覧ください。

埼玉県リーフレット(表面)
埼玉県「新型コロナワクチンの接種を受けた方へ」
(起こるかもしれない体の症状/表面)
埼玉県リーフレット(裏面)
埼玉県「新型コロナワクチンの接種を受けた方へ」
(起こるかもしれない体の症状/裏面))

症状が続いたり異常があるとき

接種を受けた医療機関やかかりつけ医、もしくは埼玉県の専門相談窓口へ相談してください。

健康被害救済制度

予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合には、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
新型コロナウイルスのワクチン接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
なお、現在の救済制度の内容については、厚生労働省ホームページ「予防接種健康被害救済制度」をご参照ください。

線

[7] 2回目の接種へ

1回目と同じ流れで予約をしていただき、2回目のワクチン接種を受けてください。
ファイザー社製のワクチンでは、通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。

(目次へ戻る)

4.障害をお持ちの方へ

聴覚障害をお持ちの方

さいたま市聴覚障害者協会の皆様にご協力いただき、手話による説明動画を公開しています。
新型コロナウイルスワクチン接種の内容理解にお役立てください。

手話動画サムネイル
手話による説明動画


視覚障害をお持ちの方

新型コロナウイルスワクチン接種のご案内について、Microsoft Wordの読み上げ機能をご利用いただけるように、Word文書を公開しています。
新型コロナウイルスワクチン接種の内容理解にお役立てください。

知的障害をお持ちの方

新型コロナウイルスワクチン接種のご案内について、ルビ振りをしたものを公開しています。
新型コロナウイルスワクチン接種の内容理解にお役立てください。

(目次へ戻る)

5.外国人の方へ(がいこくじんのかたへ)(for Foreign Residents)

外国人(がいこくじん)の方(かた)

(がいこくじん の かたへ)新型(しんがた)コロナウイルス・ワクチンについて でもお伝(つた)えしています。

(目次へ戻る)

6.住所地以外での接種を希望される方へ

次のような事情のある方は、住所地以外でワクチンを受けていただくことができる見込みです。
なお、特別な手続きが必要な場合があります。具体的な手続きは、今後、お知らせしますので、お待ちください。

  • さいたま市に住民票があり、入院・入所のため他市町村の医療機関や施設でワクチンを受ける方
  • 他市町村の医療機関で基礎疾患の治療中のため、そちらの医療機関でワクチンを受ける方
  • お住まいと住所地が異なる方(やむを得ない事情がある方に限る)

(目次へ戻る)

7.接種クーポン券の再発行を希望される方へ

紛失や汚損等による接種クーポン券の再発行に必要な手続きについては、今後、お知らせしますので、お待ちください。

(目次へ戻る)

8.新型コロナワクチンに便乗した詐欺にご注意ください

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだましとろうとする電話に関する相談が消費生活センターへ寄せられています。
困ったときは一人で悩まず、消費者ホットライン188へご相談ください。
詳しくは、消費者庁ホームページ「便乗悪質商法の注意喚起!」国民生活センターホームページ「新型コロナウイルスのワクチン接種を口実にした消費者トラブル」をご覧ください。

消費者庁チラシ(詐欺注意)
消費者庁「行政機関等をかたった"なりすまし"にご注意」

(目次へ戻る)

9.お問い合わせ先

新型コロナウイルスのワクチンに関するお問い合わせ先については、各種のコールセンターが開設されています。

さいたま市コロナワクチンコールセンター

電話番号:0570-028-027 ※通話料がかかります。
※お掛け間違いにより、一般の方へご迷惑をおかけする事象が発生しております。お電話いただく際には、電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようお願いいたします。
ファックス番号:0570-020-810
受付時間:午前9時から午後5時まで(土曜日、日曜日、祝日も対応しています。)
対応内容:新型コロナウイルスワクチン接種に関するご案内をしています。
対応言語:日本語のほか、英語、中国語、韓国語にも対応しています。
詳細情報:新型コロナウイルスワクチンに関するコールセンターを設置しています

埼玉県新型コロナワクチン専門相談窓口

電話番号:0570-033-226 ※通話料がかかります。
ファックス番号:048-830-4808
受付時間:24時間(土曜日、日曜日、祝日も対応しています。)
対応内容:ワクチン接種後の副反応等について、医学的知見が必要となる専門的な相談など、市町村では対応困難な問合せに看護師や医師などが応じます。
詳細情報:埼玉県「新型コロナウイルスワクチン接種の専門相談窓口を開設しました!-副反応等に係る相談に対応します-」

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0120-761-770
受付時間:午前9時から午後9時まで(土曜日、日曜日、祝日も対応しています。)
対応内容:新型コロナウイルスワクチン全般に関しての相談ができます。
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語(午前9時から午後6時まで)、ベトナム語(午前10時から午後7時まで)
詳細情報:厚生労働省「新型コロナワクチンに関する厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)の設置について」
※聴覚に障害のある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページをご覧ください。

 (目次へ戻る)

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健所/新型コロナウイルスワクチン対策室 コロナワクチンコールセンター
電話番号:0570-028-027 ファックス:0570-020-810

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る