ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年9月20日 / ページ番号:C087083

初回接種(1回目・2回目接種)も継続しています

このページを印刷する

初回接種(1回目・2回目接種)の概要

1.接種を受けられる時期

  • 令和5年3月31日までの予定です。
    ※実施期間が令和4年9月30日から令和5年3月31日に延長されました。 

2.対象者

  • さいたま市に住民登録のある12歳以上の方
    ※小児(5~11歳)への接種については、こちらからご参照ください。

3.使用するワクチン

 以下のとおりです。なお、最初は2回の接種が必要です。
 ※初回接種(1,2回目接種)には、オミクロン株対応ワクチンは使用できません。

ワクチンの種類 対象年齢
(接種日時点)
接種間隔
ファイザー社 12歳以上 3週間
モデルナ社 12歳以上 4週間
アストラゼネカ社 原則40歳以上(※1) 4~12週間(※2)
武田社(ノババックス) 12歳以上 3週間

 ※1:特に必要がある場合は、18歳以上の方に限り接種を受けることができます。
 ※2:最大の効果を得るためには、8週以上の間隔をおいて接種することが望ましいとされています。

●1回目と2回目の接種間隔

 標準の接種間隔を超えても、2回目の接種を受けることができます。接種できる間隔の上限が決められているわけではありません。接種を1回目からやり直す必要はありませんので、なるべく早く、2回目の接種を受けていただくことをお勧めします。
 なお、標準の接種間隔を超えた場合の効果は十分に検証されていませんが、WHO、米国や、EUの一部の国では、3週間(ファイザー社のワクチン)または4週間(モデルナ社のワクチン)を超えた場合でも、1回目から6週間後までに2回目を接種することを目安として示していますので、こうした目安も参考になると考えられます。

※詳しくは、厚生労働省ホームページ「初回接種(1回目・2回目接種)についてのお知らせ」からご参照ください。

4.接種を受けられる場所・接種の予約

  • 集団接種会場    
    ※初回接種(1回目・2回目接種)可能な集団接種会場はございません。
    ※今後、集団接種会場で初回接種を実施する場合は、改めてお知らせいたします。

5.接種クーポン券

  • 発送を完了しています。
    ※転入された方等で、初回接種(1回目・2回目接種)用クーポン券が必要な場合は、発行(再発行)申請が必要です。
    【参考】接種クーポン券の再発行について

6.費用

  • 全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。
    ※ただし、接種前後の診療等については、通常の診療として自己負担が生じる可能性があります。

7.注意事項等

接種を受ける際の同意

  • 予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
  • ただし、16歳未満の方の場合は、原則、保護者(親権者または後見人)の同伴と予診票への保護者の署名が必要となり、保護者の同意なく接種が行われることはありません。署名がなければワクチンの接種は受けられません。

ワクチン接種を受けていない人に対する差別的扱いの防止

  • 新型コロナワクチンの接種は強制ではなく、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていないことを理由に、職場において解雇、退職勧奨、いじめなどの差別的な扱いをすることは許されるものではありません。
    詳しくは、こちらからご参照ください。

8.お問い合わせ

  • 各種コールセンターが設置されています。
    詳しくは、こちらからご参照ください。

よくある質問(厚生労働省「新型コロナワクチンQ&Aサイト」が開きます。)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健所/新型コロナウイルスワクチン対策室 コロナワクチンコールセンター
電話番号:0120-201-178 ファックス:0120-289-139

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る