ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年2月4日 / ページ番号:C008014

乳児用調製粉乳の安全なつくり方

このページを印刷する

乳児用調製粉乳は、現在の製造技術では完全に無菌的に製造することができません。
そのためわが国では、乳児用調製粉乳中において最も心配される病原菌であるEnterobacter sakazakii及びSalmonella entericaを死滅させるため、70度以上のお湯で調製粉乳を調乳することを、『乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン』(関連ダウンロードファイル参照) を作成し規定しています。
医療機関や家庭等で調乳をする時は、上記のガイドラインを確認し、適切に行うようにしましょう。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健部/食品・医薬品安全課 
電話番号:048-829-1300 ファックス:048-829-1967

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る