ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年1月20日 / ページ番号:C008511

食品による窒息事故

このページを印刷する

食品による窒息事故は子どもやお年寄りを中心に報告されています。
原因食品は、アメやパンが多く、こんにゃく入りゼリーでも窒息事故が起きています。
また、お正月にはモチによるお年寄りの窒息事故が多発します。

食品による窒息事故を防ぐために、以下のことに注意してください。

  • 小さく切る
  • しっかり咀嚼する
  • 食物を一度に大量に口に押し込まない
  • 子どもとお年寄りは咽頭の形態的に窒息が起こりやすいので、周りが気をつける
  • 腹部突き上げ法や背部叩打法の手順について知っておく

次のリンク先も参考にしてください。

 気道異物除去の手順(日本医師会)
 年末年始、餅による窒息事故に御注意ください!(消費者庁)
 食べ物による窒息事故を防ぐために(食品安全委員会)

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健部/食品・医薬品安全課 
電話番号:048-829-1300 ファックス:048-829-1967

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る