ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年9月12日 / ページ番号:C006401

公衆浴場業の申請・手続きについて

このページを印刷する

公衆浴場業を営業するには、あらかじめ保健所に公衆浴場業の営業許可申請をする必要があります。また、法令に基づく基準に適合しているか、施設の構造設備等について検査を受けなければなりません。

施設が法令に基づく基準に適合しない場合は、不適箇所が改善されるまで保健所からの許可が下りません。
計画段階で保健所に図面をお持ちいただき、構造・設備について問題となる箇所がないかご相談ください
※なお、旧条例基準で許可されている施設の名義変更による新規申請であっても、現条例基準が適用されます。

また、公衆浴場営業許可申請をするにあたって、さいたま市他部署への相談・手続きが必要になる場合があります。
問い合わせ先はこちらの手続き案内をご覧ください。

申請・添付書類

  • 公衆浴場営業許可申請書
  • 公衆浴場施設概要
  • 公衆浴場本屋の中心からおおむね半径400メートルの区域内の見取図(3,000分の1の縮図)
  • 一般公衆浴場本屋の中心からおおむね半径400メートルの区域内に他の一般公衆浴場が存する場合は、これと直線距離の実測図(500分の1の縮図)
  • 敷地内の建物の配置図、平面図及び正面図並びに側面図、構造仕様書及び給排水の配管図
  • 給排水の系統図
  • 温泉の含有物質又は医薬品等を原料とした薬湯を使用する場合は、その物質又は医薬品等の名称、成分、用法、効能等が分かるもの
  • 消防法令適合通知書
  • 建築確認検査済証の写し
  • 申請者が法人である場合は、定款又は寄附行為の写し及び登記事項証明書(※登記事項証明書は原本の提出、もしくは原本の提示及び写しの提出)
  • 水質検査成績書(検査項目についてはこちらの手続き案内をご覧ください)
  • 申請手数料 24,000円

手続きの流れや一部の様式については、関連ダウンロードファイルをご覧ください。
ワード形式の様式は、こちらのリンクからご覧ください。

公衆浴場許可取得後に必要となる手続き

以下の場合、保健所への届出が必要になります。

  • 営業許可事項について変更があった場合
  • 営業をやめた場合
  • 営業を休止する場合(全部もしくは一部)
  • 相続による承継の場合
  • 法人の合併・分割による承継の場合 

詳細については、こちらの案内(許可取得後の手続き)をご確認ください。
ワード形式の様式は、こちらのリンクからご覧ください。

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健所/環境薬事課 環境衛生係
電話番号:048-840-2227 ファックス:048-840-2232

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る