ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年2月22日 / ページ番号:C055907

バングラデシュ南部避難民救援金箱を設置しています

このページを印刷する

平成29年8月下旬から、ミャンマーラカイン州で暴力行為が相次ぎ、隣国バングラデシュへ多くの人びとが避難をしています。
現地では、バングラデシュ赤新月社のボランティアによる食料や水の提供、医師・看護師らによる診療などの救援活動が続けられていますが、避難民の急増により、とくに妊産婦や子ども、お年寄りといった災害弱者の健康状態の悪化が懸念されています。

さいたま市では避難する方を支援するため、平成29年9月26日(火曜日)から令和4年3月31日(木曜日)までの間、各区役所に救援金箱を設置し、救援金の募集を行っております。

お寄せいただいた救援金は、医療支援や食料・生活用品の提供など緊急ニーズに対する支援に充てられます。

皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/福祉総務課 
電話番号:048-829-1253 ファックス:048-829-1961

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る