ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J003295

認知症介護

高齢者が受診した際や受診後に接する薬局・薬剤師に対し、認知症の人本人とその家族を支えるために必要な基本知識や、医療と介護の連携の重要性等を習得するための研修として、「さいたま市薬剤師認知症対応力向上研修」を実施します。

この研修は実践者研修で得られた知識・技術をさらに深め、施設・事業所において、ケアチームを効果的・効率的に機能させる能力を有した指導者を養成することを目的とします。

2019年度認知症介護指導者養成研修の本市からの参加者を、下記のとおり募集いたしますので、受講要件を満たし参加を希望する方はお申込みください。

この研修は、指定小規模多機能型居宅介護事業所、指定介護予防小規模多機能型居宅介護事業所又は指定看護小規模多機能型居宅介護事業所の計画作成担当者となる者に対し、利用者及び事業の特性を踏まえた小規模多機能型居宅介護計画又は看護小規模多機能型居宅介護計画を適切に作成する上で必要な、当該サービスに係る「基準の正しい理解」「適切なサービスの提供」「利用計画作成演習」などの必要な知識・技術を身につけることを目的として実施します。

1.目的この研修は、認知症介護の理念、知識及び技術を習得させることを目的とします。

認知症についての知識を深めたい、認知症の介護や関わりなどを学びたい方を対象に、講座を開催します。

さいたま市では、地域の中で認知症の人とそのご家族を応援する「認知症サポータ-」の養成講座の講師役となる「キャラバン・メイト」の養成研修を実施します。

市内病院での認知症の人の手術や処置等の適切な実施の確保を図ることを目的として、「病院勤務の医療従事者向け認知症対応力向上研修」を実施いたします。

指定小規模多機能型居宅介護事業所、指定認知症対応型共同生活介護事業所、指定看護小規模多機能型居宅介護事業所、指定介護予防小規模多機能型居宅介護事業所及び指定介護予防認知症対応型共同生活介護事業書の対象者となる者に対し、各事業所を運営していく上で必要な「認知症高齢者の基本的な理解」「認知症高齢者のケアのあり方」「適切なサービス提供のあり方」などの知識を身につけるための研修を実施する。

認知症初期集中支援チームが、支援につながっていない認知症の方を集中的に支援します。

介護保険施設・事業所等に従事する介護職員等に対して、認知症介護に関する基礎的な知識及び技術を修得するための研修を実施し、チームアプローチに参画する一員として基礎的なサービス提供を行うことができるようにすることを目的とします。

1.目的この研修は、指定認知症対応型通所介護事業所、指定小規模多機能型居宅介護事業所、指定認知症対応型共同生活介護事業所及び指定複合型サービス事業所の管理者となる者が、これらの事業所を管理・運営してい…

さいたま市では、認知症介護指導者を介護保険施設等に直接派遣し、当該施設等のニーズに応じた認知症ケアに関する講義及び演習を実施する「認知症ケア・スキルアップ事業」を実施しています。

さいたま市では、厚生労働省が定める「認知症介護実践者等養成事業実施要綱」に基づき、認知症高齢者に対する介護サービスの充実を図ることを目的として、介護サービス事業所等の職員を対象とした研修を実施していま…

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る