ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年6月6日 / ページ番号:C049726

認知症介護基礎研修

このページを印刷する

【重要】令和4年度認知症介護基礎研修について

 介護保険施設・事業所等に従事する介護職員等を対象に、認知症介護に関する基礎的な知識及び技術を修得するための研修として、「認知症介護基礎研修」を認知症介護研究・研修仙台センターが管理するeラーニングシステムを使用して実施します。
※eラーニングシステムとは
 インターネット上に掲載された講義動画や確認テスト等の学習コンテンツを受講者が視聴等して学習する仕組みです。パソコン、タブレット端末、スマートフォンで24時間いつでも受講可能です。

1.目的

 介護保険施設・事業所等に従事する介護職員等に対して、認知症介護に関する基礎的な知識及び技術を修得するための研修を実施し、チームアプローチに参画する一員として基礎的なサービス提供を行うことができるようにすることを目的とします。

2.研修期間

【申込期間】
令和4年6月6日(月)~令和5年3月3日(金)

【受講期間】
令和4年6月6日(月)~令和5年3月17日(金)

※受講許可後、原則として14日以内に受講を修了してください。

3.受講費用

 1,700円

※ 納付先は下記の公益財団法人介護労働安定センター 埼玉支部の指定口座となります。
        銀行名 埼玉りそな銀行 浦和東口支店             
        口座番号 普通預金 4037509
        フリガナ ザイ) カイゴロウドウアンテイセンター サイタマシブ          
        口座名義(公財)介護労働安定センター 埼玉支部

※ 法人名や事業所名で振込をする場合、または、複数名の受講者の分をまとめて振込される場合は「eラーニング送金詳細書」を使用し、必ずFAXをお願いいたします。
  

4.受講対象者

介護保険施設・事業所等において、介護に直接携わる職員のうち、医療・福祉関係の資格を有さない者等(※注)
(有資格者の受講を妨げるものではありません。)

令和3年度介護報酬改定により、無資格者に対する本研修の受講が義務づけられています。
・当該義務づけの適用にあたり、既存の職員は令和6年3月31日まで経過措置があります。
・新卒採用、中途採用を問わず、事業所が新たに採用した職員は採用後1年間の猶予期間が設けられています
 (この場合にも令和6年3月31日までの経過措置が適用されます)

(※注)義務づけの対象外となる有資格者は、以下のとおりです。
看護師、准看護師、介護福祉士、介護支援専門員、実務者研修修了者、介護職員初任者研修修了者、生活援助従事者研修修了者、介護職員基礎研修課程又は訪問介護員養成研修一級課程・二級課程修了者、社会福祉士、医師、歯科医師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、精神保健福祉士、管理栄養士、栄養士、あん摩マッサージ師、はり師、きゅう師 等

5.受講申込みの流れ

 事業所の責任者が事業所コード発行手続(受講者本人が行うことはできません)を行っていただき、受講料のお支払いの後、受講者本人がお申込みの手続きを行っていただきます。
 詳細は、「受講申込の流れ」をご確認いただいたうえ、専用サイト(https://dcnet.marutto.biz/e-learning/)にアクセスし手続きを進めてください。

6.修了証

 全ての科目を受講し、確認テストを終了するとシステム上から修了証明書を発行できるようになります。

7.FAQ よくある質問

 1 申し込み手続きについて
FAQをお読みの上、内容に応じてご連絡ください。 
FAQ(PDF形式 446キロバイト)

【受講申込み・受講許可・入金に関すること】
公益財団法人 介護労働安定センター 埼玉支部:048-813-2551

【その他、研修に関すること】
さいたま市保健福祉局長寿応援部いきいき長寿推進課:048-829-1286

 2 システムの操作について

専用サイト上にある操作マニュアル(認知症介護基礎研修受講者用)をお読みの上、お問い合わせフォームより認知症介護研究・研修仙台センターにお問合せ下さい。

仙台センター

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/長寿応援部/いきいき長寿推進課 介護予防係
電話番号:048-829-1286 ファックス:048-829-1981

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る