ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月24日 / ページ番号:C011825

市長に対して「ノーマライゼーション条例(仮称)」中間報告が提出されました

このページを印刷する

中間報告を市長に手渡す宗澤会長

「障害者も健常者も共に地域で暮らせるノーマライゼーション条例(仮称)」中間報告
平成22年9月13日(月曜日)16時 市長室

 平成22年8月3日に開催されたさいたま市障害者施策推進協議会において、「障害者も健常者も共に地域で暮らせるノーマライゼーション条例(仮称)」の中間報告が承認されました。
 それを受けて、去る9月13日(月曜日)、同会の宗澤忠雄会長(埼玉大学教育学部准教授)より、清水勇人市長に対して中間報告が提出されました。

宗澤会長の話に耳を傾ける清水市長
宗澤会長の報告に熱心に耳を傾ける清水市長

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/障害政策課 ノーマライゼーション推進係
電話番号:048-829-1306 ファックス:048-829-1981

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る