ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月24日 / ページ番号:C011872

平成22年9月19日 ブラインドサッカーを通じて「ノーマライゼーション条例」(仮称)のPR活動を行いました

このページを印刷する

市長を囲んで記念撮影をする参加者

ブラインドサッカーを通じた「ノーマライゼーション条例」(仮称)のPR
平成22年 9月19日(日曜日) 9時30分 岩槻文化公園

 平成22年9月19日に開催された「さいたま市ふれあいスポーツ大会2010」において、視覚障害者によるサッカーである「ブラインドサッカー」を通じて「障害者も健常者も共に地域で暮らせるノーマライゼーション条例(仮称)」のPR活動が行われました。
 当日は日本ブラインドサッカー協会(新しいウィンドウで開きます)から講師を招き、大宮アルディージャ(新しいウィンドウで開きます)のボランティアスタッフの協力の下、ブラインドサッカーに親しむための各種イベントが開催されました。
 さいたま市長も駆けつけ、手話応援(新しいウィンドウで開きます)も繰り広げられるなど、盛大なイベントとなりました。

 (補足)当日の模様はNHKニュース(平成22年9月19日正午)や埼玉新聞(平成22年9月20日付)で報道されました。

PK対決に参加する小学生

アイマスクに戸惑う参加者
アイマスクを使って視覚障害者のサッカーを体験する参加者 
アルディ君も参加
大宮アルディージャのマスコット「アルディ」君も参加しました

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/障害政策課 ノーマライゼーション推進係
電話番号:048-829-1306 ファックス:048-829-1981

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る