ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年11月13日 / ページ番号:C038904

平成26年7月14日 ノーマライゼーション条例推進市職員研修(幹部職員対象)を実施しました

このページを印刷する

「さいたま市誰もが共に暮らすための障害者の権利の擁護等に関する条例(ノーマライゼーション条例)」の理念であるノーマライゼーション社会の実現を目指し、市の幹部職員が対象のノーマライゼーション条例推進市職員研修を実施しました。
当日は、日本ブラインドサッカー協会の松崎英吾氏、剣持雅俊氏、井口健司氏を講師に迎え、日本代表強化指定選手の寺西一選手にもご協力いただき、視覚障害のある方の疑似体験などの実技研修を行いました。

ブラインドサッカー体験をする清水市長
ブラインドサッカーの体験をする清水市長
講師の画像
講師の日本ブラインドサッカー協会
左から松崎氏、寺西選手、剣持氏、井口氏
実技研修の様子
ブラサカバスケットの様子
実技研修の様子
ブラインドサッカー体験の様子

ブラサカバスケット:体験者全員がアイマスクを装着し、血液型や誕生月など指定されたグループを作るゲーム

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/障害政策課 ノーマライゼーション推進係
電話番号:048-829-1306 ファックス:048-829-1981

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る