ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年12月2日 / ページ番号:C076987

子ども家庭総合支援拠点モデル事業を開始しました

このページを印刷する

子ども家庭総合支援拠点とは

 子ども家庭総合支援拠点は、児童福祉法10条の2に基づき、子どもとその家庭、妊産婦等を対象として、地域の実情の把握、相談対応、調査、継続的支援等を行うものであり、政令指定都市においては、行政区ごとに設置することが求められています。

子ども家庭総合支援拠点をとりまく背景

 全国各地での児童虐待事案の発生を受け、国の児童虐待防止対策に関する関係閣僚会議において、平成30年7月に「児童虐待防止対策の強化に向けた緊急総合対策」が示されました。さらに、国の児童虐待防止対策に関する関係府省庁連絡会議において、平成30年12月に「児童虐待防止対策体制総合強化プラン(新プラン)」が策定されました。
この新プランでは、市区町村における相談体制を強化するため、令和4年度までに、全市区町村に子ども家庭総合支援拠点を設置することが目標とされています。子ども家庭総合支援拠点を設置することで、地域に根差した身近な相談窓口として、庁内外の関係機関と連携しながら支援を実施し、支援が必要な家庭の早期発見から虐待の未然防止、再発防止に至るまでの切れ目のない支援を実施します。

さいたま市における「子ども家庭総合支援拠点」での取組と目指す効果

 さいたま市における子ども家庭総合支援拠点では、地域に根差した相談体制を強化するため、アウトリーチや支援拠点ケースカンファレンス、連携会議といった新たな取組を検討しています。
 これまで各区役所健康福祉部支援課において実施してきた「家庭児童相談室」での相談や「要保護児童対策地域協議会」を活用した支援等の取組に加え、子ども家庭総合支援拠点の取組を実施することにより、子どもや家庭、妊産婦等を取り巻く支援機関の更なる連携強化を図ります。また、地域に根差した支援を担う子ども家庭総合支援拠点と、専門的な虐待対応を担う児童相談所と役割分担を行い、子どもの命を守る両輪となることで、切れ目や隙間なく、市全体で子どもの命を守るという協力体制を強化します。

取組名

業務内容

主な効果

1.アウトリーチ

保育園や学校に出向き、職員からの聞き取り等により、相談ニーズの掘り起こし、ニーズに応じた支援等を行う

心配な子どもや家庭におけるリスクの芽の早期発見・早期対応

2.支援拠点ケースカンファレンス

支援拠点で把握したすべての事案について、対応方針等の協議を行う場として、会議を定式的に開催する

組織的な対応の強化

3.連携会議

特に連携が必要な3機関(支援拠点、児童相談所、保健センター)により、会議を定式的に開催する

連携強化、人材育成、要対協の強化

スケジュール

 令和4年度から、市内10区の各区役所健康福祉部支援課に、子ども家庭総合支援拠点を設置することを目標としています。これに先駆け、令和2年10月より、西区役所健康福祉部支援課において、モデル事業を開始しました。さらに、令和3年度からは、南区役所健康福祉部支援課においても、モデル事業を開始する予定です。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

子ども未来局/子ども家庭総合センター/総務課 管理係
電話番号:048-711-1798 ファックス:048-711-8904

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る