ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年4月1日 / ページ番号:C008132

ナーサリールーム・家庭保育室の保育料軽減事業について

このページを印刷する

ナーサリールーム、家庭保育室に保育を必要とする児童を通所させている保護者の保育料負担の軽減を図る事業を実施しています。軽減額は児童1人あたり月額2万円を限度として、施設を通して軽減します。

保育料軽減事業の流れ

  1. 各施設に直接連絡をし、利用を申し込む。
  2. 施設は、保育料の軽減を行う。
  3. 保護者は保育料が軽減されたことを確認する。
  4. 施設は市に委託料を請求する。
    市は保育料軽減費を施設に支出する。
    (施設規定の保育料が2万円以下の場合は、保育料相当額を限度に支出します。)
軽減事業の流れ

多子軽減事業について

ナーサリールーム・家庭保育室で保育料軽減事業の対象となっている児童について、同一世帯のきょうだいがナーサリールーム・家庭保育室等を利用している場合、追加で保育料を軽減する事業を併せて実施しています。(きょうだいでナーサリールーム・家庭保育室を利用している場合は、下の子に適用されます。)軽減額は3歳未満児が月額10,000円、3歳以上児が月額8,000円を限度としています。軽減の方法は、保育料軽減事業と同様です。

(補足)ナーサリールーム・家庭保育室等とは、ナーサリールーム・家庭保育室・認可保育所・幼稚園・認定こども園・小規模保育事業所・事業所内保育事業所・家庭的保育事業所・特別支援学校幼稚部・児童心理治療施設通所部・企業主導型保育事業所・児童発達支援・医療型児童発達支援・居宅訪問型児童発達支援を指します。 

リンク

この記事についてのお問い合わせ

子ども未来局/幼児未来部/幼児政策課 施設支援係
電話番号:048-829-1859 ファックス:048-829-2516

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る