ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年3月20日 / ページ番号:C045608

さいたま市多子世帯利用者負担額(保育料)軽減事業を実施します

このページを印刷する

現行の多子軽減制度は、兄弟姉妹が同時期に保育所等に入所する児童のうち、第2子の利用者負担額(保育料)を半額、第3子以降の利用者負担額を全額免除しております。本事業は、兄弟姉妹の年齢に関係なく、保育所等に入所する第3子以降の0歳児から2歳児までの児童の利用者負担額を免除し、多子世帯における経済的負担の軽減を図ります。

対象となる児童

以下の1から3まで、すべての要件を満たす児童が対象となります。

  1. 認可保育所、認定こども園 、小規模保育施設、新制度に移行した幼稚園のいずれかを利用している児童
  2. 3人以上の子どもが同居している世帯で、第3子以降の児童
  3. 保育又は教育が行われた年度の初日において満3歳に達していない児童

※幼稚園等一部例外がございます。

申請の流れ 

認可保育所を利用している場合

  1. 在園の施設または各区役所支援課に免除適用申請書を提出します。
  2. 各区役所支援課より免除決定または却下通知が送付されます。
  3. 免除決定の場合、利用者負担額が軽減され全額免除されます。

 

認定こども園、小規模保育施設、新制度に移行した幼稚園を利用している場合

  1. 在園の施設または各区役所支援課に免除適用申請書を提出します。
  2. 各区役所支援課より免除決定または却下通知が送付されます。
  3. 各区役所支援課から送付される免除決定通知を在園施設に提出します。
  4. 提出を受けた在園保育施設が利用者負担額の全額免除を実施します。

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

子ども未来局/幼児未来部/保育課 民間保育係
電話番号:048-829-1866 ファックス:048-829-2516

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る