ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年4月17日 / ページ番号:C062858

教育長のアクティビティレポート(H30.12月~H31.1月)

このページを印刷する

 このページでは、教育長が参加した行事の模様や活動の様子などをお伝えします。

平成30年度12月~1月

1月29日(火)地元シェフによる学校給食(野田小学校)

  野田小シェフ給食   野田小シェフ給食2   野田小シェフ給食3
 「地元シェフによる学校給食」が、さいたま市立野田小学校で実施されました。浦和区のフレンス料理店の合田シェフによる給食で、キャロットライスには、子どもたちが育てたお米が使われています。他にも、チキンのパイ包み焼きなどフランス料理の給食を子どもたちは、とてもおいしそうに食べていました。

1月28日(月)「地域学校協働活動」推進にかかる文部科学大臣表彰受賞に伴う市長表敬訪問

  市長表敬3
 平成30年度「地域学校協働活動」推進にかかる文部科学大臣表彰を受賞した、浦和南高等学校「浦和南高等学校コミュニティスクールWIN-WIN活動」、与野西中学校「与野西中学校区コミュニティ・ネット」、大久保東小学校「大久保東コミュニティ「大けやき」」の地域学校協働活動関係者の方々が教育長同席のもと、市長表敬訪問を行いました。
 この表彰は文部科学省により、学校と地域が連携・協働して行われている地域学校協働活動のうち、他の模範と認められるものに対し行われています。

1月27日(日)青少年育成馬宮地区会 第13回ふれあいコンサート

  ふれあいコンサート   ふれあいコンサート2   ふれあいコンサート3
 青少年育成馬宮地区会主催による第13回ふれあいコンサートが土屋中学校の体育館で開催されました。この会は、児童生徒の音楽演奏をとおして馬宮地区内の小・中学校、武蔵野高等学校の児童生徒が交流する場であるとともに、馬宮地区に住む地域の方がふれあう機会となっています。
 当日は300名以上の参観者のもと、110名の児童生徒が各校の演奏を発表し合い、最後は全児童生徒による盛大な合同演奏で幕を閉じました。

1月26日(土)さいたま市児童生徒ICTメディア作品コンクール表彰式

  メディア作品   メディア作品2   メディア作品3
 青少年宇宙科学館にて、第18回さいたま市児童生徒ICTメディア作品コンクールの表彰式が行われました。昨今、学習の基盤となる「情報活用能力」を着実に身に付けることが求められており、その土壌のひとつとして本コンクールが果たす役割は、非常に大きなものとなっています。
 参加校数51校、応募総数2026点の中から、最優秀賞2点、優秀賞17点、優良賞25点が選ばれました。情報モラル作品の部では、浦和別所小6年生児童の標語「写真アップ 自分の危険も アップする」。ICTメディア作品の部では、神田小4年生児童のプログラミング「ミスター☆クラウディー」(コンピュータと会話をするプログラム)が最優秀賞となりました。

1月25日(金)学校給食週間記念行事

 学校給食週間   学校給食週間2   学校給食週間3
 学校給食の意義や役割について理解を深め、学校給食のより一層の充実発展を図るとともに、望ましい食生活の在り方について考える機会とし、さらに、学校・家庭・地域の連携により、学校における食育の推進を図ることを目的とする学校給食週間記念行事を埼玉会館小ホールにて開催しました。
 高崎健康福祉大学の木村教授の講演やポスター展示などが行われ、参加した方からは、≪講演について≫・わかりやすく、楽しく聞くことができた。・子どもが食べることを楽しむことができ、子どもの行動変容がうながせるよう食育を行っていきたい。≪展示について≫・郷土料理やシェフ給食などいろいろ工夫されているのがわかった。・ポスターがほほえましかった。といった感想が寄せられました。

1月22日(火)コミュニティ・スクールフォーラム

  CSフォーラム   CSフォーラム2   CSフォーラム3
 さいたま市教育委員会では、保護者や地域住民とともに「これからの時代を生きる子どもたちのために」という共通の目標とビジョンを持ち、教育活動を展開するコミュニティ・スクールの導入準備を進めています。そこで、平成31年度から順次導入を目指しているコミュニティ・スクールへの理解とモデル校における取組の周知を図るため、コミュニティ・スクールフォーラムを開催しました。
 当日は、兵庫教育大学先導研究推進機構の日教授の御講演やモデル校による取組発表が行われ、今後に向けて実りのあるフォーラムとなりました。

1月21日(月)「優良PTA文部科学大臣表彰」受賞に伴う市長表敬訪問

  市長表敬1   市長表敬2
 文部科学省において毎年、PTAの健全な育成と発展に資することを目的として、PTA活動に優秀な実績をあげているPTAの表彰が行われています。
 平成30年度優良PTA文部科学大臣表彰を受賞した、大砂土小学校PTA及び鈴谷小学校PTA関係者が教育長同席のもと、市長表敬訪問を行いました。

1月20日(日)第6回さいたま子ども短歌賞表彰式

   作品集    子ども短歌
 教育委員会では、市民に広く親しまれている短歌を通して、児童生徒の豊かな感受性と国語力をはぐくみ、伝統的な言語文化の継承を図るために「子ども短歌賞」を実施しています。今年は6回目となり、過去最多の応募総数37,450首から100首の入賞(優秀賞20首、入選80首)を決定し、生涯学習総合センター多目的ホールにおいて表彰を行いました。

1月18日(金)第18回 さいたま市理科教育研究発表会(児童生徒の部)

  理科教育   理科教育2   理科教育3
 青少年宇宙科学館において、さいたま市理科教育研究発表会(児童生徒の部)が行われ、小学校13校、中学校10校の児童生徒が研究の結果や成果を発表しました。小学校では、「究極の紙飛行機作りに挑戦」や「保冷水筒に入れる氷は何個が正解か」、中学校では、「オリジナル水溶液で雑草を退治しよう」や「平行線なのに傾いて見えるのはなぜ」といったテーマの研究が発表されました。
 審査の結果、最優秀賞として選出された小学校2校(仲本小、見沼小)、中学校2校(大宮北中、日進中)を表彰しました。この4校は埼玉県理科教育研究発表会(児童生徒の部)にさいたま支部代表校として出場します。

1月17日(木)地元シェフによる学校給食(辻小学校)

  辻小シェフ   辻小シェフ2   辻小シェフ3
 「地元シェフによる学校給食」が、さいたま市立辻小学校で実施されました。今回は南区のイタリア料理店料理長の新妻シェフによる給食で、子どもたちは、ペンネのグラタンやフォカッチャといったイタリア料理の給食を、とてもおいしそうに食べていました。
 また、教室を巡回してきた新妻シェフが教室に持ってきてくれた、カーボロネロ(黒キャベツ)に、子どもたちは興味津々でした。

1月16日(水)研究発表会(与野西中学校)

  与野西   与野西2   与野西3
 「食育を通してはぐくむ豊かな心 ~食の大切さを学び自他の生命を尊重できる生徒の育成~」という研究主題のもと、与野西中学校で特別な教科 道徳の研究発表会が行われました。1年生のクラスでは栄養教諭も加わり、給食をはじめ食べるということについて考えた後に、教材について学び、食事に込められた思いというものを感じる授業が行われました。
 2年生のクラスでは、命の誕生にまつわる話を聞いたり、自分を作っているものは食であることを実感する中で、自分の命がどんな思いから育ってきたのか考えることをしていました。

1月16日(水)「田島ケ原サクラソウ自生地」草焼き

  草焼き   草焼き2   サクラソウ
 田島ケ原サクラソウ自生地では、サクラソウの春期の芽吹きを助けるため、毎年1月に冬枯れしたオギやヨシ等の草焼きを実施しています。今年は風が少し強いながらも快晴の中、多くのボランティア(田島ケ原サクラソウ自生地を守る会)や見学者に見守られ、無事に実施することができました。
 焼却後の灰はサクラソウの肥料になります。例年3月下旬から咲き始め、4月上旬に見ごろを迎えます。開花期には、ぜひ自生地へお越しください。

1月13日(日)平成31年さいたま市消防出初式

  出初式2   出初式1   出初式3
 新春恒例の出初式が行われました。今年はさいたま市の小・中子ども消防隊員約200名も参加しました。当日のパンフレットの配布等、ボランティア活動を精力的に行っていました。子どもたちも地域の消防力・防災力向上ための一役を担っています。

1月12日(土)大宮退職校長会 第18回美術展

  校長会美術展3   校長会美術展2   校長会美術展1
 1月8日(火)~1月13日(日)に大宮図書館展示ホールを会場とした大宮退職校長会美術展を鑑賞しました。
 絵画・書・写真・陶芸・工芸作品合わせて100点以上の展示が並び、盛会に開催されていました。

1月11日(金)希望(ゆめ)実現プロジェクト教育フォーラム

  希望実現1  希望実現2  希望実現3 
 児童生徒の資質・能力を育成するため、市立学校における「『主体的・対話的で深い学び』の実現に向けた授業改善」を進める、希望(ゆめ)実現プロジェクト教育フォーラムを開催し、早稲田大学教職大学院の田中博之教授の御講演や、研究指定校等による「さいたま市『アクティブ・ラーニング』型授業」の実践報告、「新しい時代に必要となる資質・能力を育成するためには、どのような授業が求められるか。」という議題のパネルディスカッション等を行いました。
 参加した先生方におかれては、各学校の児童生徒の実態に即し、本フォーラムの内容を実践に生かしてほしいと考えています。

1月4日(金)教育委員会仕事始めの式

  仕事始め1    仕事始め2
 市民会館うらわにおいて、教育委員会仕事始めの式を執り行いました。
 教育長訓示及び平成30年度教育委員会職員表彰を行いました。教育委員会の職員表彰は今回初めての取組となります。
 仕事始めの式教育長訓示(PDF形式 103キロバイト)

12月31日(月)~1月1日(火)市指定無形民俗文化財「日進餅つき踊り」

  餅つき1   餅つき3  餅つき2
 市指定無形民俗文化財である「日進餅つき踊り」は、江戸時代に中山道の伝馬役に出た若者たちが、街道を通行する大名や武士の宿で旅の慰安と接待を兼ねて餅つきをしたものが芸能化したと伝えられ、毎年新年の合図をもとに、4人一組の搗き手が呼吸を合わせ、リズミカルな餅つき踊りが披露されます。
 今年も保存会の方々を中心として執り行われ、また地元の小・中学生も踊りの担い手として参加をし、平成最後の年の幕開けに華を添えていました。

12月31日(月)第97回全国高等学校サッカー選手権大会(浦和南高等学校)

  南高サッカー応援
 平成30年最後のこの日、NACK5スタジアム大宮を会場とした全国高等学校サッカー選手権の初戦に臨む市立浦和南高校を、満員の観戦者とともに応援しました。勝利することはできませんでしたが、大舞台の中で力を発揮し躍動する姿は、観る者にも力を与えてくれました。今後も経験を積み重ね活躍していくことを期待しています。

12月26日(水)第2回中学校英語ディベート大会 /小学校英語劇発表会

  ディベート   ディベート2   英語劇
 本市の特色ある取組の一つである新しい英語教育「グローバル・スタディ」で学んだことを発揮する、ディベート大会及び英語劇発表会がプラザイーストにて行われました。ディベート大会は市立7中学校の生徒が参加し『日本では、救急車を有料化すべきか、否か』をテーマに熱のこもったディベートが行われました。英語を活用して自分たちの意見を交わす活発な姿が見られました。
 英語劇発表会は市内3小学校の児童が参加し、「桃太郎」「浦島太郎」を自分たちで知っているフレーズを使い、楽しいアレンジも加えながら演じてくれました。

12月26日(水)青少年宇宙科学館 企画展「SAITAMA大ダイナソー展」視察

  ダイナソー1    ダイナソー2
 平成30年10月20日(土)~平成31年1月14日(月・祝)の会期で開催している、青少年宇宙科学館の企画展「SAITAMA大ダイナソー展」を副教育長と共に視察しました。さまざまな恐竜の展示物について職員の解説を聞き、ダイナミックな恐竜時代に思いをはせました。

12月17日(月)~19日(水)教育委員会感謝状贈呈式

   感謝状1   感謝状2   感謝状3
 この度、さいたま市立学校の教育活動等の充実及び発展に寄与し、多年にわたり授業等における学習支援、登下校等安心・安全確保支援、環境整備支援、学校行事支援、チャレンジスクール等の活動を行っている方々に対し、感謝の意を表すため、感謝状贈呈式を行いました。

12月15日(土)第46回マーチングバンド全国大会(大宮西小学校)

   マーチング1  マーチング3  マーチング2
  関東支部の代表として、大宮西小学校West Brassがさいたまスーパーアリーナで行われた全国大会に出場しました。
 「日本一の仲間と最高のマーチングをしよう」と掲げていたスローガンどおりの、まとまりと迫力のある演奏・演技を大舞台で披露し、審査員の審議の結果、見事金賞を受賞しました。

12月15日(土)第28回尾間木地区小・中学校演奏会

  尾間木1    尾間木2
 中尾小学校の体育館を会場として尾間木地区小・中学校演奏会が開催され、児童・生徒たちの演奏を鑑賞しました。この演奏会は、小・中学生が交流をする良い場にもなっており、3グループ(「尾間木中・中尾小・向小」「東浦和中・尾間木小・大牧小」「尾間木中・東浦和中」)が合同演奏を行いました。 中学生が小学生をリードしながらの、息の合った楽しい演奏等をきかせてくれました。

12月11日(火)筑波大学教育研究科とさいたま市教育委員会との連携協力に関する協定調印式

  調印式1  調印式2  調印式3
 さいたま市教育委員会は、平成30年12月11日に筑波大学院教育研究科と相互に連携・協力するための協定を締結いたしまた。この協定は、教員養成の充実、資質・能力向上及び未来に生きる子どもたちの望ましい教育環境整備を図ることを目指すものです。
 この協定により、筑波大学の教員養成と研究の充実に寄与するとともに、さいたま市教育委員会、さいたま市立大宮国際中等教育学校の国際教育に関する質をさらに向上させ、国際バカロレア教育の充実を推進してまいります。
 【参考】大宮国際中等教育学校ホームページwww.city-saitama.ed.jp/ohmiyakokusai-h/(新しいウィンドウで開きます) 

12月7日(金)市立浦和南高等学校サッカー部 市長表敬訪問

  浦南サッカー1    浦南サッカー2
 激戦の埼玉大会を勝ち抜いた浦和南高校サッカー部が市役所を訪れ、12月30日に開会する全国高校サッカー選手権大会への出場を市長へ報告しました。 教育長も同席し、17年ぶり12回目の出場となる同校を激励しました。

12月7日(金)さいたま市PTA協議会見沼区連合会第2回正副会長会

  見沼区連合会1    見沼区連合会2
 さいたま市PTA協議会見沼区連合会第2回正副会長会(参加者約80名)において、「子どもたちの未来をはぐくむPTA活動~魅力あるPTA活動の取組~」をテーマに講演を行いました。講演は、昨年に引き続き2回目となります。

12月2日(日)第25回 国際友好小学生絵画展 表彰式

  絵画展1    絵画展2
 浦和西ライオンズクラブ主催の絵画展がさいたま市青少年宇宙科学館で開催され、青少年ホールでの表彰式に出席しました。力作揃いの作品の中、教育長賞に選ばれた作品を描いた児童(道祖土小4年生)に賞状を手渡しました。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/管理部/教育政策室 
電話番号:048-829-1626 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る