ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年12月14日 / ページ番号:C075293

さいたまKIDS郷育MOVIEプロジェクト

このページを印刷する

 さいたまKIDS郷育MOVIEプロジェクト FUTURE SAITAMA 
 (12月7日更新)※今年度のプロジェクトは終了しました。

完成作品紹介

<参加生徒制作短編映画>(講師である林監督監修) 
  旅立ち サムネイル    友への告白サムネイル
 『「旅立ち」~ずっとありがとう~』 https://youtu.be/LEBODIW5-00
 『友への告白』  https://youtu.be/0sdRhNy9iug

<講師制作メイキングムービー>
  サムネイル1
    https://youtu.be/KrkC_UZE1Kk

11月22日(日)短編映画上映会

    上映会1  上映会2  集合写真
 さいたま市青少年宇宙科学館の青少年ホールにおいて、10月4日にワークショップを行った際に制作した短編映画の上映会を開催しました。2つの短編映画について、参加した生徒たちによるプレゼンテーション後に上映を行い、会場にお越しいただいた一般の方や来賓の教育委員の皆様等に感想をいただきました。
 会の最後に修了証を教育長より授与し、今年度の本プロジェクトは終了となりました。

≪担当者から一言≫
 参加した生徒さんから「このプロジェクトに参加し、やってみたいと思っていた映画制作に挑戦することができてよかった。」という感想がありました。今般のコロナ等の状況であっても、夢や希望を持ち、新しいことに挑戦しようとする気持ちと積極的に行動する姿に感動しました。
 本プロジェクトは、様々な方の御協力により無事終了となりました。関わってくださった皆様に心より感謝申し上げます。

 当日上映した完成作品について、動画配信サイトに掲載しました。最上段の「完成作品紹介」よりリンクをクリックし、ぜひご覧ください。

上映会のお知らせ(終了しました)

   上映会チラシ     上映会申込について

 10月4日(日)ワークショップの様子

 ワーックショップ6ワーックショップ1ワーックショップ4ワーックショップ7   

 ワーックショップ3ワーックショップ5ワーックショップ2
 10月4日、映画撮影には絶好の天候であるという曇り空の中、参加者は2グループに分かれて映画づくりを行いました。
 まずは機材について学んだり、写真でグループを表現したり、簡易なレフ板づくりも行いました。エチュードとして「鉛筆を売る」というシチュエーションの動画を撮った後に、いよいよ短編映画の制作へ。
 午後からは半日で脚本づくりから編集まで行うという、濃度の高い日程の中、初対面で初めは戸惑いのあった参加者たちも徐々に打ち解け、それぞれの伝えたいことや思いが込められた映画が完成しました。最後にラッシュ上映をして互いのグループの映画を鑑賞し、感想を伝え合いました。

 この日撮影した映画は講師である監督が再編集を行い、11月22日に完成上映会を行います。監督が制作したメイキングムービーも同時上映する予定です。上映会の詳細は決定し次第、お伝えします。
【さいたまKIDS郷育MOVIEプロジェクト 上映会】
 日 時  令和2年11月22日(日)(時間未定)
 場 所  さいたま市青少年宇宙科学館

ぼくらの街で映画をつくろう

    ポスター  開催日時10月4日日曜日午後9時から午後5時

実施内容<短編映画制作ワークショップ>

 プロの映画監督の指導・助言を受けながら、参加者同士で協力して脚本・撮影・編集等を行い短編映画を制作します。
 ※なお、短編映画を制作する生徒の姿や参加生徒を支える大人たちの姿を映画監督が撮影し、メイキングムービーを作成します。

講師紹介

映画監督 林 弘樹(ものがたり法人FireWorks代表)

 大宮北小、北中出身。大学卒業後、助監督として北野武監督等のもと、現場で働く。28歳の時にニッポン中を元気にする映画「らくだ銀座」にて監督デビュー。国際映連公認・A級世界十大映画祭にも招待され、評価をうける。全国各地で今まで数十万人の人を巻き込み、日経地域情報化大賞2005MJ賞、地域づくり総務大臣賞団体賞受賞。全国公民館応援団長を務め、職員研修を行う。6年をかけて創られた渾身の映画「ふるさとがえり(2011)」が公開してから8年で、全国1,400ヶ所を超える感動のロングラン公開中。アジア・太平洋40ヵ国をつなぐ映画「空飛ぶ金魚と世界のひみつ」が全国劇場公開。最新作「惑う After the Rain(2016)」はロサンゼルス国際映画祭でグランプリ。2017年より文化庁新進芸術家派遣で、ヴェネツィア大学映画マスターコース客員教授で渡伊。

林弘樹監督

  

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/管理部/教育政策室 
電話番号:048-829-1626 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る