ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年4月3日 / ページ番号:C064401

さいたま市人権作文最優秀作品について(令和元年度)

このページを印刷する

さいたま市では、書くことを通して、児童生徒の人権意識の高揚を図り、人権の意義・内容や重要性について理解を深めるとともに様々な人権問題を解決しようとする児童生徒を育成することを目的に、毎年、市立小学校2年生から6年生の児童と中学校生徒を対象に、児童生徒の日常生活や学習経験に基づいた人権に関する作文を募集しています。また、その中から各学年1点ずつ、最優秀作品を選出しています。

令和元年度は、小学校から55,545作品、中学校から16,793作品、合計72,338作品の応募がありました。令和元年度の最優秀作品名を紹介します。なお、作品本文は、ダウンロードファイルを御覧ください。

令和元年度 さいたま市人権作文 最優秀作品

小学2年生  作品名  やってしまったできごと

小学3年生  作品名  今からできること

小学4年生  作品名  「思いこみ」から「思いやり」へ

小学5年生  作品名  本当の助け方

小学6年生  作品名  人として生きる

中学1年生  作品名  個性を大切にするためには

中学2年生  作品名  本当の「優しさ」

中学3年生  作品名  差別

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/人権教育推進室 
電話番号:048-829-1708 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る