ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年12月21日 / ページ番号:C062561

岩槻八景の公開/岩槻郷土資料館

このページを印刷する

岩槻八景の公開 について

「岩槻八景」は、明治18年に旧岩槻藩士らによって描かれたものです。明治になり、廃城となった岩槻城の姿を再現し、書き記したものです。中国の「瀟湘(しょうしょう)八景」をもとにして描かれた「近江八景」に倣い、城内の景勝地の八景を描いています。博物館には、2種類の「岩槻八景」とともに、この経緯を記した「岩槻和歌集」(写本)が所蔵されており、昨年度公開しました。今年度は、個人所有の資料も借用し、博物館所有のものとあわせて、市内に残る岩槻八景を展示します。

開催期間:平成30年12月15日(土曜日)~平成31年1月20日(日曜日) 午前9時~午後4時30分
     休館日:月曜日(12月24日、1月14日を除く)、12月25日、12月26日、12月28日~1月4日、1月15日
 

岩槻古城八景

城口晩鐘城口晩鐘  鵜首夕照鵜首夕照


米蔵跡落雁米蔵跡落雁 高臺秋月高臺秋月

車橋晴嵐車橋晴嵐   樹木郭夜雨樹木郭夜雨

船入口帰帆船入口帰帆  茶屋臺暮雪茶屋臺暮雪 
  

問合せ

〒339-0057  
さいたま市岩槻区本町2-2-34

岩槻郷土資料館

電話 048-757-0271

地図情報をスキップする。

地図情報

地図をご覧になる場合は、下記リンクをクリックしてください。(Googleマップが新しいウィンドウで開きます。)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/博物館 
電話番号:048-644-2322 ファックス:048-644-2313

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る