ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年3月29日 / ページ番号:C080576

クロス・ポイント――本のアートをめぐって

このページを印刷する

作品図版
山田愛子 《眠らない本シリーズ「発芽を待ちつづける種子・たんぽぽ」》(部分) 2010年

うらわ美術館の「本をめぐるアート」コレクションより新収蔵品を紹介します

うらわ美術館は「本をめぐるアート」を作品収集の柱のひとつとして活動しており、そのコレクションは現在1, 500タイトルを超えています。

令和3(2021)年、さいたま市政20周年を迎え る節目にあたり、 当館の 「本をめぐるアート」 コレクションより、近年はじめて収蔵に至った3人のアーティスト――小野耕石、田中ルミ、山田愛子の作品を紹介します。

彼らは、版画家や造形作家として創作活動を展開しながら、絵画、版画、立体、インスタレーション等、表現領域にとらわれない多彩な作品を制作しています。固有の視点と独自の手法を備えながら、表現の可能性を探り続けており、「本」へのアプローチも様々です。 ここで紹介する作品はどれも、私たちが抱く本に対する常識やイメージを超えて、多様な表現へ拡張しています 。
彼らは、なぜ本に惹きつけられ、そしてなぜ本の通念を逸脱してゆくのでしょう か。そこには、メディアの多様化やアートの脱領域化傾向だけにとどまらない、目には見えない何かがあるのかもしれません。

この展覧会では、3人のアーティストが手掛けた本のアート作品をひとつのクロス・ポイント(交差するところ)として、彼らの創作活動に触れていきます。
彼らの声に耳を傾けながら作品を鑑賞することで、私たちをも惹きつけて止まない本のアートの魅力とその広がりについて探ろうとする試みです。

開催情報

展覧会名
さいたま市誕生20周年
クロス・ポイント――本のアートをめぐって

会期
令和3年4月17 日(土曜日)~6月20日(日曜日)

開館時間
午前10時から 午後5時まで、金曜日・土曜日は午後8時まで
(ギャラリーへの入場は閉館の30分前まで)

休館日
月曜日(ただし5月3日は開館)、5月6日(木曜日)

観覧料
無料

主催/会場
うらわ美術館/ギャラリーD
さいたま市浦和区仲町2-5-1浦和センチュリーシティ3階

出品作品

計16点

小野耕石
《この本が知的要素のみで成り立った今それは美と芸の学術として成立しただ純粋に絵を描く事を失ったものである。》 2004年

田中ルミ
《Cherry Angel》 2005年 他

山田愛子
《眠らない本シリーズ「発芽を待ちつづける種子・たんぽぽ」》 2010年 他

同時開催

MUCHA(ミュシャ) グラフィック・バラエティ
令和3年4月17日~6月20日

地図情報をスキップする。

地図情報

地図をご覧になる場合は、下記リンクをクリックしてください。(Googleマップが新しいウィンドウで開きます。)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/うらわ美術館 
電話番号:048-827-3215 ファックス:048-834-4327

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る