ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年7月11日 / ページ番号:C051341

平成28年度/プレイベント

このページを印刷する

さいたま市は、日本有数の人形生産地である岩槻区に、「(仮称)岩槻人形博物館」の開設準備を進めています。
平成24年からは開設に向けて、所蔵品展や講演会などのプレイベントを開催してまいりました。
平成28年度におきましても、プレイベントとして講演会を開催いたしました。

講演会

●講演会「さいたま市のコレクションと日本人形の美」

【開催概要】
日  時:平成29年3月6日(月) 14時~15時30分(開場 13時30分)/入場無料
会  場:プラザノース/多目的ルーム
講  師:是澤 博昭氏(大妻女子大学博物館准教授)
定  員:150名(事前予約/定員になり次第締切)
申込方法:2月13日(月)より、はがき又はFAXで受付。
     講演会参加希望の旨と、氏名(ふりがな)、電話番号を明記の上、さいたま市文化施設建設準備室までお送りください。
     ※結果は全員に通知します。
     【住所】〒330-9588 さいたま市浦和区常盤6-4-4 さいたま市役所7階
         さいたま市文化施設建設準備室
     【FAX】 048-829-1922
内  容:これまで本市が収集した人形コレクションについて、日本人形史が専門の是澤博昭氏にお話しいただきます。
     また、講演会場では、平成28年度に取得した収蔵品の中から、日本を代表する名品「嵯峨人形 首振り唐子」
     「古今雛(江戸)」など、一部を初公開いたします。※展示資料は変更する場合があります。

【平成28年度 講演会「さいたま市のコレクションと日本人形の美」ちらし】※図をクリックするとPDFで表示します。
平成28年度講演会ちらし

【講師プロフィール】
講師写真 是澤 博昭 氏
 大妻女子大学博物館准教授。
 近世近代の生活文化の研究を主なテーマとする。
 日米人形交流・近代子ども観の変遷等の研究とともに、
 節句行事、祭礼にかかわる人形などを調査する。
 著書に『決定版日本の雛人形』(淡交社)、
 『青い目の人形と近代日本』(世織書房)など。



【会場へのアクセス】
 
会  場:プラザノース(〒331-0812 さいたま市北区宮原町1-852-1) 
      ※プラザノースへのアクセス詳細はこちら(新しいウィンドウで開きます)
 ●電車でお越しの場合
  ・埼玉新都市交通伊奈線・ニューシャトル「加茂宮駅」より徒歩7分
  ・JR東北本線(宇都宮線)「土呂駅」より市コミュニティバス5分、または徒歩15分
 ●バスでお越しの場合
  ・大宮駅東口バスターミナル1番乗り場から、上尾駅東口行き、または吉野町車庫行きバスで15分、「北区役所前」下車
  ・市コミュニティバス北区ルート 「北区役所」下車 ※8:00~19:00 1時間に1本程度


地図情報をスキップする。

地図情報

地図をご覧になる場合は、下記リンクをクリックしてください。(Googleマップが新しいウィンドウで開きます。)

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

スポーツ文化局/文化部/岩槻人形博物館開設準備室 
電話番号:048-749-0222 ファックス:048-749-0225

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る