ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年3月9日 / ページ番号:C068468

収蔵品展「北沢楽天が描く庶民と税金」~いつの世も楽ならず~

このページを印刷する

◇展覧会名  収蔵品展「北沢楽天が描く庶民と税金」~いつの世も楽ならず~        
◇開催期間  令和2年2月22日(土)~5月10日(日)             
◇開催場所  さいたま市立漫画会館 企画展示室(1階)         
◇開館時間  午前9時~午後4時30分                  
◇休 館 日  月曜日(2月24日、5月4日は除く)、2月25日(火)、4月30日(木)       
◇入 館 料  無料                        
◇主   催  さいたま市立漫画会館                  
◇展示資料  漫画原画など64点                   
◇内  容 「時事漫画」や「東京パック」の主筆として活躍していた漫画家・北沢楽天(1876-1955)は政治や庶民の暮らしを「風刺漫画」で時に鋭く、時にユーモラスに描き、人気を博しました。国民が公共のサービス等の経費として国や地方公共団体に納める「税金」。それは現代においても誰もが納めるものではありますが、負担は小さくありません。かつて日本は明治時代の地租改正以来、様々な租税を国民に課し、近代国家として歩んできましたが、当時の人々にとっても負担は小さくはありませんでした。本展では、楽天などが描く明治から昭和にかけての税金にまつわる風刺漫画を通じ、庶民の悩みや大変さが当時も今も変わらぬことを共感し、楽しんでいただければ幸いです。   
 
◇展示作品
    「税制整理」            「このお閻魔さまは時々正直者の舌まで抜くので困る」 
      「税制整理」/『東京パック』6巻3号               「このお閻魔さまは時々正直者の舌まで抜くので困る」
                                                    /『時事漫画』208号                                               
 


    「戦後の行賞到らぬ隈もなし」              税鬼
   「戦後の行賞到らぬ隈もなし」/『東京パック』4巻15号                       税鬼

北沢楽天新資料発見コーナー

 北沢楽天のデビュー作や北沢家の文書など今年度、新たに発見、収集した資料についてご紹介します。

地図情報をスキップする。

地図情報

地図をご覧になる場合は、下記リンクをクリックしてください。(Googleマップが新しいウィンドウで開きます。)

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

スポーツ文化局/文化部/文化振興課/漫画会館 
電話番号:048-663-1541 ファックス:048-667-4921

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る