ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年10月23日 / ページ番号:C084377

浦和博物館のリニューアル記念講演会の開催について

このページを印刷する

浦和博物館のリニューアル記念講演会『さいたまの宿場』の開催について

支蘇路ノ駅浦和宿浅間山遠望
 『木曽街道六拾九次』「第四 支蘇路ノ駅浦和宿浅間山遠望」
       (さいたま市立博物館蔵)

■開催内容
浦和博物館リニューアル記念講演会『さいたまの宿場』を開催します。(事前申込が必要です)

さいたま市立浦和博物館ではリニューアルを記念し、市民の方々に郷土史への関心を持っていただけるよう、講演会「さいたまの宿場」を開催します。これは、市内で活動する郷土史研究グループである「浦和郷土文化会」、「大宮郷土史研究会」、「岩槻地方史研究会」の会員の方々が講師となり、『さいたまの宿場』に関する3つのテーマ「宿とその施設」、「宿の構造と景観」、「宿の人々」について講演を行うものです。

■講演内容

 1.さいたまの宿場「宿とその施設」
   開催日時:10月26日(火曜日)13時30分から15時30分(受付開始13時00分)
   講師:會田真言(浦和郷土文化会会員・大門宿本陣当主)「大門宿本陣と私」
      村田悠紀夫(大宮郷土史研究会会員)「大宮宿の成り立ち」
      松澤勝(岩槻地方史研究会会員)  「日光道中分間延絵図から見た岩槻宿」
      ※進行及び講演内容の総括(チェアマン):青木義脩氏(浦和郷土文化会会長)
 
 2.さいたまの宿場「宿の構造と景観」
   開催日時:10月27日(水曜日)13時30分から15時30分(受付開始13時00分)
   講師:野中味惠子(浦和郷土文化会理事)「浦和宿の景観」
      山田貴和(大宮郷土史研究会副会長)「大宮宿の構造と景観」
      熊谷富雄(岩槻地方史研究会副会長)「宿場と城下町」
      ※進行及び講演内容の総括(チェアマン):織本重道氏(大宮郷土史研究会会長)
 
 3.さいたまの宿場「宿の人々」
   開催日時:10月28日(木曜日)13時30分から15時30分(受付開始13時00分)
   講師:中山厚子(浦和郷土文化会副会長)「浦和宿の文芸活動ー俳諧を中心にー」
      加藤隆榮(大宮郷土史研究会会員)「大宮宿を行き交う人々」
      加藤三郎(岩槻地方史研究会会員)「岩槻の茶道山田流」
      ※進行及び講演内容の総括(チェアマン):飯山實氏(岩槻地方史研究会会長)

■申込方法

各回とも10月9日(土曜日)午前9時から浦和博物館(048-874-3960)へお電話ください。
10月23日午前9時時点で、1.「宿とその施設」については定員に達しました。2.「宿の構造と景観」は残り1名、3.「宿の人々」については残り2名定員まで余裕があります。ご希望の方はお早めに浦和博物館へご連絡ください。

■定員

各回30名(先着順)

新型コロナウイルス感染症対策について

  • 新型コロナウィルス感染症対策を行っております。なお、新型コロナウィルス感染症の状況により、講座等が変更となる場合があります。 詳しくはホームページ等でご確認ください。
  • 講演会当日は、検温を行ってからの入場とさせていただきます。
  • ご理解、ご協力くださいますようお願いいたします。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/博物館/浦和博物館 
電話番号:048-874-3960 ファックス:048-874-3960

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る