ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J002564

博物館の関連施設(分館)

岩槻郷土資料館では、「夏休み子ども博物館」を開催し、昔懐かしいおもちゃの体験と展示を行います。また、初心者の方向けにけん玉教室を開きます。どなたでも参加できますので、気軽にご参加ください。

「岩槻藩遷喬館」は、寛政11年(1799年)に、岩槻藩の儒学者である児玉南柯という先生が開いた学校です。後に正式な藩校となり、岩槻藩の武士の子弟が勉学や武芸の稽古に励みました。

岩槻郷土資料館は、岩槻城城下町の大通りだった市宿町の中ほどにあります。昭和初期に建てられた旧岩槻警察署の建物を使い、岩槻の歴史について展示を行っています。

鴻沼(こうぬま)資料館の成り立ち鴻沼一帯は低湿地だったため、上流から流入する水や、台風などの出水等で、たびたび稲作に大きな障害が与えられていました。

所在地:さいたま市緑区大間木3-30-11 概要:この建物は、赤山街道と呼ばれる道筋に面した旧高野家の敷地内にあったもので、江戸時代末期の蘭方医・高野隆仙が主屋の離れとして建てたものです。

「岩槻藩遷喬館(いわつきはんせんきょうかん)」は、今からおよそ200年前の江戸時代に、児玉南柯(こだまなんか)という先生が開いた学校です。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る