ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年3月26日 / ページ番号:C073585

与野郷土資料館展示web解説(その2)

このページを印刷する

赤山橋の石橋供養塔-通行の安全を願って-

中央区本町東4丁目の、赤山道が鴻沼川を渡る赤山橋の西詰南側に存在しています。高さは234cm、幅38cmで、上部は唐面取りを施した石柱です。正面は上部に薬研掘りで「石橋供養塔」と大書し、下部には導師や願主の名を刻んでいます。右側面には5行10段にわたり、下落合村、上落合村など50の村名とともに、「石工高内源太郎」などの個人名が、左側面には 5行10段にわたり、円阿弥村、八王子村など50の村名とともに、浦和町や与野町の個人名が見られます。また、背面には「享保十一丙午天(1726) 初夏廿有三日」とあるほか、いずれも付近の寺院名と個人名、数ケ村の村名を刻んでいます。

赤山橋・石橋供養塔
(赤山橋の石橋供養塔)

石橋の建立年代からすると、見沼干拓と並行して行われた高沼干拓の直前であり、「高沼」に流れ込む切敷川への架橋ということになります。享保11年(1726)4月の「与野領絵図」に該当する石橋の記載がありますが、この石橋供養塔の建立も享保11年4月であり、絵図作成と石橋建立は同年月となります。

享保11年与野領絵図
(享保11年の与野領絵図。左右に走る道が赤山道で、川に橋が架かっている様子が描かれている)

銘文中、100に及ぶ村名は勧化(寄付)に応じた村々で、現在の中央区は言うに及ばず、桜区、西区、北区、大宮区、浦和区、緑区、南区、上尾市、川口市、戸田市という広範囲にわたっています。この石橋の重要性や利用者の範囲を反映したものと考えられます。

なお、これ以前の元禄7年(1694)の村絵図にも同じ場所に橋が描かれており、以前からこの場所に橋が架けられていたことがわかります。現存するこの石橋供養塔は、確認できるものでは市内最古の建立です(市内の石橋供養塔リストは下の添付ファイルにて)。

石橋供養塔については、「与野郷土資料館開館記念図録」で触れられています。


その1 与野にもいたお遍路さん-江戸時代の「足立八十八か所観音霊場」


その3 与野に暮らした石工たち

地図情報をスキップする。

地図情報

地図をご覧になる場合は、下記リンクをクリックしてください。(Googleマップが新しいウィンドウで開きます。)

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/博物館 
電話番号:048-644-2322 ファックス:048-644-2313

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る