ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J001844

お知らせ

令和2年(2020)は、田島ケ原サクラソウ自生地が国の天然記念物に指定されて100年です。

本市では、これまで日本の伝統文化である歌舞伎について、様々な事業を継続して展開してきました。

この度、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機に、その取組の集大成として日本の伝統文化の魅力を国内外へ発信するために、「松竹大歌舞伎」さいたま市公演を開催します。

さいたま市生涯学習「学びのネットワーク」の一環として、さいたま市内の遺跡から出土した焼き物を「碧から藍へ」の視点から御紹介します。

緑区にある国指定史跡見沼通船堀の再整備工事を実施しています。

緑区にある国指定史跡見沼通船堀の東縁の閘門、堤塘、川底の再整備工事を実施しました。

東京2020大会の文化プログラムの推進及び大会後のレガシー創出に資する文化芸術事業を支援するため、文化芸術団体等が市内で実施し公開する文化芸術事業を対象とした補助制度を、平成31年度から新たに創設し、補助金を交付します。

見沼通船堀閘門開閉実演を開催しました

令和元年11月21日(木)に開催するMETライブビューイング解説付き上映の市民向け優待鑑賞のご案内です。オペラのことを知らない方でも、お楽しみいただける内容です。

令和元年11月19日(火)に開催するシネマ歌舞伎解説付き上映の市民向け優待鑑賞のご案内です。歌舞伎のことを知らない方でも、お楽しみいただける内容です。

緑区にある国指定史跡「見沼通船堀」東縁の北側園路の整備工事を実施しています。

さいたま国際芸術祭実行委員会では、2020年の国際芸術祭の開催準備に向け、以下の業務を実施する事業者を公募型企画提案方式(プロポーザル方式)により募集します。【募集は終了しました】

さいたま国際芸術祭実行委員会では、平成32年度の国際芸術祭の開催に向け、以下の業務を実施する事業者を公募型企画提案方式(プロポーザル方式)により募集します。

さいたま市民音楽祭は、市内で活動している音楽団体(吹奏楽・オーケストラ・ギター・オカリナ等のアンサンブル)による演奏会です。

さいたま国際芸術祭実行委員会では、広く企画提案方式により国際芸術祭におけるアートプロジェクト等を総括するディレクターを公募します。

平成32年春の開催を目指す、さいたま国際芸術祭の基本構想や開催計画、ディレクターの選定などについて、市民に広く開かれた場において議論を行うため、以下のとおりさいたま・アート・フォーラム(有識者会議)を開催いたします。

平成29年度アーティスト・オン・サイト事業 展覧会「RECOLLECTION 36°×139° 寿楽荘 その一日の誕生」を開催します

国、埼玉県、その他団体等による助成制度を紹介します。

緑区にある馬場小室山遺跡が埼玉県の史跡に指定されました。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る