ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月27日 / ページ番号:C000197

文化財紹介 妙行寺のモクコク

このページを印刷する

妙行寺のモクコク
妙行寺のモクコク
指定の区分 県指定 天然記念物
指定名称 みょうぎょうじのもくこく
妙行寺のモクコク
員数 1本
指定年月日 昭和25年3月30日
所在地 中央区鈴谷4-15-2
所有者 宗教法人 妙行寺
概要 台地上に位置する寺院の本堂の裏手にあるツバキ科の常緑高木。高さ19.7メートル、幹まわり3.4メートル(指定時)。幹は2本に別れ、垂直に伸び、かつては樹勢も非常に旺盛でしたが、平成3年の台風で被害を受けたこともあり、最近では主幹は枯れ、樹形は著しく乱れています。しかし、根元付近からは小葉が無数に出ていて、樹勢はまだまだ活発といえます。
木の植えられている塚には、室町時代に寺が改宗した際に、かつて使用していた仏具一切を埋めて神木としたとの伝説があります。
関連図書 『与野の文化財』(与野市教育委員会、1974年発行)
『与野市の文化財』(与野市教育委員会、1988年発行)
『与野まち風土記』(与野市教育委員会、1998年発行)

見学の際には、マナーを守り、文化財の所有者や管理者、近所の方、他の見学者や参拝者の迷惑とならないようにお願いします。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る