ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年12月17日 / ページ番号:C000278

文化財紹介 興徳寺木造虚空蔵菩薩坐像

このページを印刷する

興徳寺木造虚空蔵菩薩坐像
 
興徳寺木造虚空蔵菩薩坐像
指定の区分 市指定 有形文化財(彫刻)
指定名称 こうとくじもくぞうこくうぼさつざぞう
興徳寺木造虚空蔵菩薩坐像
員数 1体
指定年月日 平成7年4月3日
所在地 西区宮前町1700 興徳寺
所有者 宗教法人 興徳寺
概要 室町時代。寄木造、玉眼、肉身部彩色、衣部朱彩。白毫は水晶製。像高43.0センチメートル、髪際高30.0センチメートル。地蔵菩薩坐像の脇侍として三尊形成。
関連図書 『大宮市文化財調査報告』第43集(大宮市教育委員会、1997年発行)

この文化財は、一般公開はしておりません。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る