ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年5月7日 / ページ番号:C000317

文化財紹介 鈴木荘丹自筆の俳句

このページを印刷する

鈴木荘丹自筆の俳句
鈴木荘丹自筆の俳句
指定の区分 市指定 有形文化財(書跡)
指定名称 すずきそうたんじひつのはいく
鈴木荘丹自筆の俳句
員数 1枚
指定年月日 平成11年5月31日
所在地 中央区本町東3-5-23(与野郷土資料館
所有者 さいたま市
概要 江戸時代の文化文政期に活躍した俳人・鈴木荘丹(1732年から1815年)が書いた自筆の俳句です。縦72.8センチメートル、横24.4センチメートルの本紙の中央に「大和行をおもふて」「蓬莱や心に花のよし埜榧」と吉野の桜と与野の大カヤを掛け合わせた句を書き残し、右下に「八十三叟」「菜中囱(まど)」「荘丹」と添書きしています。死去する前年の83歳の筆ですが、晩年とは思えない勢いのある筆跡です。
なお、荘丹の墓がある妙行寺境内には、この俳句を写した句碑があり、その筆跡を感じることができます。
関連図書 『与野市文化財調査報告書』第24集(与野市教育委員会、1999年発行)

見学にあたっては、所有者・管理者、他の見学者などの迷惑とならないようにお願いします。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る