ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年9月13日 / ページ番号:C000227

文化財紹介 大久保神社本殿並びに境内社豊栄社本殿及び稲荷社本殿

このページを印刷する

大久保神社本殿並びに境内社豊栄社本殿及び稲荷社本殿
上:大久保神社本殿、豊栄社本殿
下:稲荷社本殿
大久保神社本殿並びに境内社豊栄社本殿及び稲荷社本殿
指定の区分 市指定 有形文化財(建造物)
指定名称 おおくぼじんじゃほんでんならびにけいだいしゃほうえいしゃほんでんおよびいなりしゃほんでん
大久保神社本殿並びに境内社豊栄社本殿及び稲荷社本殿
 付 棟札等 十一枚
員数 3棟
指定年月日 平成10年3月10日
所在地 桜区大字宿69 大久保神社
所有者 宗教法人 大久保神社
概要 大久保神社本殿 江戸時代、天明4年(1784年)棟札。一間社流造、銅板葺。桁行1.820メートル、梁間1.640メートル、向拝の出1.550メートル。旧宿八幡宮本殿。
豊栄社本殿 江戸時代、嘉永2年(1849年)棟札。一間社流造、銅板葺。桁行1.300メートル、梁間1.050メートル、向拝の出0.970メートル。旧白鍬氷川神社本殿。志村弥五郎(地元の宮大工)が造立。
稲荷社本殿 江戸時代終り頃。一間社流造、桟瓦葺。桁行1.520メートル、梁間1.250メートル、向拝の出1.120メートル。旧在家天神社本殿。
関連図書 『浦和市文化財調査報告書』第43集(浦和市教育委員会、1999年発行)
『浦和の古建築』 (浦和市教育委員会、1999年発行)

見学の際には、マナーを守り、文化財の所有者や管理者、近所の方、他の見学者や参拝者の迷惑とならないようにお願いします。
なお、外観のみの公開です。建物の内部は見学できません。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る