ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年9月17日 / ページ番号:C000159

文化財紹介 絹本着色長江晴楼図 橋本雅邦筆

このページを印刷する

絹本着色長江晴楼図の写真
絹本着色長江晴楼図
指定の区分 県指定 有形文化財(絵画)
指定名称 けんぽんちゃくしょくちょうこうせいろうず はしもとがほうひつ
絹本着色長江晴楼図 橋本雅邦筆
 橋本秀邦の箱書あり
員数 1幅
指定年月日 平成3年3月15日
所在地 浦和区常盤9-30-1(埼玉県立近代美術館(新しいウィンドウで開きます))
所有者 埼玉県
概要 橋本雅邦(1835年から1908年)は、川越藩の御用絵師であった橋本養邦の子として江戸で生まれた日本画家です。狩野派に学び、後にフェノロサや岡倉天心の指導を受け、狩野芳崖とともに近代日本絵画を開拓しました。
この絵は、明治33年(1900)年頃の制作と推定される雅邦晩年の作品です。縦66.9センチメートル、横139.8センチメートル、中国揚子江を題材としたもので、岸辺近くの高楼から春の長江の眺めを楽しむ様子を描いています。
なお、息子秀邦が書いた鑑定付きの桐箱があります。
関連図書 『埼玉県指定文化財調査報告書』第18集(埼玉県教育委員会、1992年発行)

見学の際には、マナーを守り、文化財の所有者や管理者、近所の方、他の見学者の迷惑とならないようにお願いします。
なお、公開期間を設けている場合もあります。詳しくは当該施設へお問合せください。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る