ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月26日 / ページ番号:C000161

文化財紹介 一の谷合戦図屏風 海北友雪筆

このページを印刷する

一の谷合戦図屏風の写真
一の谷合戦図屏風
指定の区分 県指定 有形文化財(絵画)
指定名称 いちのたにかっせんずびょうぶ かいほうゆうせつひつ
一の谷合戦図屏風 海北友雪筆
員数 1双
指定年月日 平成8年3月19日
所在地 大宮区高鼻町4-219(埼玉県立歴史と民俗の博物館)(新しいウィンドウで開きます)
所有者 埼玉県
概要 海北友雪(1598年から1677年)は、海北派の祖である友松の嫡子として、京都で生まれた江戸時代初期の絵師です。後に、春日局の推挙により徳川家光に召しだされています。
この合戦図は、『平家物語』の「敦盛の段」のうち、熊谷次郎直実と平敦盛が対峙する場を描いたもので、それぞれ縦160.8センチメートル、横357.8センチメートルの画面に扇面形を配し、その中に、直実と敦盛の馬上の姿を描いています。六曲一双の屏風に仕立てられ、左双の直実、右双の敦盛を色彩的にも逆の色合いにするなど、描かれた当時の大胆なデザインと装飾性が見られます。
関連図書 『埼玉県指定文化財調査報告書』第21集(埼玉県教育委員会、1999年発行)

見学の際には、文化財の所有者や管理者、近所の方、他の見学者の迷惑とならないようにお願いします。
なお、公開期間を設けている場合もあります。詳しくは当該施設へお問合せください。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る