ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月26日 / ページ番号:C000485

文化財紹介 円阿弥の万作踊り

このページを印刷する

円阿弥の万作踊りの写真
円阿弥の万作踊り
指定の区分 市指定 無形民俗文化財
指定名称 えんなみのまんさくおどり
円阿弥の万作踊り
指定年月日 昭和51年7月19日
保存団体 円阿弥万作踊保存会
公開場所
公開日
概要 ハレの日や村祭りなどで豊作を祝ったり、豊年を祈念するために上演されたものです。円阿弥の万作踊りは、明治15年頃、側ヶ谷戸村(大宮区三橋)から伝わったとされ、手踊り、段物、芝居、茶番狂言の四演目が伝わります。普段眼に触れる機会は多くはありませんが、中央区円阿弥の敬老会など地域の催物で披露されています。
関連図書 『与野市文化財報告書』円阿弥の万作踊り調査概報(与野市教育委員会、1976年発行)
『与野市の文化財』(与野市教育委員会、1988年発行)

見学の際には、マナーを守り、保存団体、近所の方、他の見学者の迷惑とならないようにお願いします。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る