ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年1月31日 / ページ番号:C019497

介護保険地域密着型サービス事業者の指定申請について

このページを印刷する

1.指定までの流れ

地域密着型サービス事業者は、公募により決定されます。審査を経て指定申請の承認を受けた事業者は、開設準備が終わり次第、新規申請の手続きをしてください。

指定申請は毎月10日締切り、翌月1日指定です。
10日が祝祭日の場合は、その前日が締め切りとなります。

申請の際には電話でのご予約をお願いします。
通常、申請手続きは1回で済むことはありません。締め切りまでに3回程度は来庁いただくことになりますので、遅くとも締め切りの5開庁日前までには1回目の予約をしていただくよう、余裕を持った手続きをお願いいたします。
なお、申請受付の締め切り当日が1回目の申請手続きの場合は、翌月1日の指定はできません。
担当:介護保険課 事業者係 電話番号:048-829-1265


※新規指定事業所は、介護サービス情報公表システムへの登録が必要です。
以下のホームページから報告様式をダウンロードし、書類を指定申請時に介護保険課まで提出してください。
さいたま市情報公表サービスについて

2.申請書類

申請書類は、以下の「添付書類一覧」にて確認してください。なお、申請時には「添付書類一覧」も一緒に提出してください。

ダウンロード

申請に際して必要な書類は、以下からダウンロードしてください。

ダウンロード

指定を辞退される場合は、以下の書類を届け出てください。

ダウンロード

3.指定認知症対応型通所介護事業所等の設備を利用した宿泊サービス

指定認知症対応型通所介護事業所等の設備を利用した宿泊サービスを提供する場合、介護保険法の指定申請前に、消防署への報告が必要となります。
消防署の確認終了後に、指定申請いただくようお願いいたします。

また、宿泊サービスについての届出も必要となります。
詳細は、以下のリンクページを確認してください。

指定通所介護事業所等の設備を利用した宿泊サービスの提供について

4.市町村の区域を越えて地域密着型サービスを利用するための手続きについて

介護保険制度における地域密着型サービスは、原則としてその施設がある市町村の被保険者のみが利用できるものです(介護保険法第78条の2)。 
さいたま市内の地域密着型サービスは、原則としてさいたま市民のみが利用できます。
しかし、特別な事情があるときは、特例として事業所の所在市町村長等の同意により、他市町村の被保険者の利用が可能となっています。

※さいたま市の被保険者が他市町村の地域密着型サービスを利用したいときは、他市町村長の同意・さいたま市の他市町村指定の手続きが必要です。
※他市町村の被保険者がさいたま市の地域密着型サービスを利用したいときは、さいたま市長の同意・他市町村の指定の手続きが必要です。

他市町村の被保険者が、さいたま市の地域密着型サービスを利用する場合は、他市町村による同意の手続き、事業所による指定申請と同様の手続きが必要となります。
その場合、相当の理由と時間が必要となるため、お早めにご相談ください。なお、他市町村の指定を受けないまま利用があった場合、市町村は介護給付費を支給できませんのでご注意ください。

さいたま市以外の被保険者の方が特例としてさいたま市内の地域密着型サービスを利用する場合は以下の書類を提出してください。
市外地域密着型サービス事業所の利用に係る申立書(ワード形式:71KB)

ダウンロード
指定地域密着型サービス事業者等の指定に係る同意の基本方針(PDF形式:31KB)
(参考)地域密着型サービスの利用の流れ(PDF形式:41KB)
市外地域密着型サービス事業所の利用に係る申立書(ワード形式:71KB)


関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/長寿応援部/介護保険課 
電話番号:048-829-1264 ファックス:048-829-1981

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る