ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年12月13日 / ページ番号:C044776

平成29年度 今冬のインフルエンザ総合対策について

このページを印刷する

平成29年度 今冬のインフルエンザ総合対策について

  インフルエンザの患者発生は、例年、12月から3月にかけて流行する傾向があります。38度以上の発熱、頭痛や関節・筋肉痛など全身の症状が急に現れ、高齢の方や種々の慢性疾患を持つ方は肺炎を伴うなど重症化することがあり、発生動向には注意が必要となります。事業所の皆様におかれましては、今冬におきましても、インフルエンザ予防に取り組んでいただき、適切なご対応をお願いいたします。

 つきましては、以下の通知等を参照し、施設における感染予防対策に努めるようお願いします。

・厚生労働省からの通知

 今冬のインフルエンザ総合対策の推進について
  今冬のインフルエンザ総合対策の推進について(健感発1115第1号)(PDF形式:68KB)
  平成29年度今冬のインフルエンザ総合対策について(PDF形式:165KB)
  平成29年度インフルエンザQ&A(平成29年11月27日修正)(PDF形式:546KB)

 (参考)抗インフルエンザウイルス薬の使用上の注意に関する注意喚起の徹底について(薬生安発1127第8号)(PDF形式:266KB)

・関連ホームページ

  インフルエンザ(総合ページ) (厚生労働省ホームページ)

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/長寿応援部/介護保険課 事業者係
電話番号:048-829-1265 ファックス:048-829-1981

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る